ナイト・ウィザード キャンペーン『P・E』
                 第2話 『目覚めよと呼ぶ声』



開催日 :2007年3月28日(水) 4月4日(水) 4月11日(水) 4月12(木)
開催時間:2200〜1:00

GM:Mr.D
PL:望月 乾 @ ぱんだいえろー
   鈴鳴 苺&鈴鳴 杏 @ Karly
   リリー @ 神楽
   瀬戸晶 @ 夜来ねこ




----------------------------------------------------------------

■キャラ紹介

●PC1 望月 乾 @ ぱんだいえろー GL2 勇者2
 17歳の男。高校生兼ナイトウィザード
性格はやや攻撃的で多分ツッコミに回るタイプ。記憶喪失で自分を拾ってくれた隊長に恩義を感じてチームに参加。最古参。
何故か昔から持っていた拳銃を魔力でもう一個コピーして使う二丁拳銃スタイル勇者。
コードネームは『双刃獅子(クロスエッジ)』に今決めた



●PC2 鈴鳴 苺&鈴鳴 杏 @ Karly GL2 夢使い
 17歳。女。苺はイノセント。杏は苺が寝ているときだけ表に出てくる。ナイトウィザードなのはこちら。杏は自称「苺の夢が具現化した存在」。夢を狩る夢使い。それが杏。
 苺の行動を杏は認識しているが、苺は杏の行動を認識できない。
 性格は苺は丁寧語。おっとり。天然。杏はヒーロー。
苺「あ、あのっ! はじめましてっ! わっわっ私はなんでこんなところにいるのでしょ……」後ろから殴られて気絶
杏「いたたたた……。やあ、初めまして! ボクは杏! ボクは夢。みんなの夢を守るために、黄昏からやってきた騒々しい夢!」
 杏はハンターとしては新参者。苺に内緒で杏がハンターに勝手に登録。そもそもハンターのこと自体を苺は知らない。ハンターネームは「真夜中の白昼夢」。
 なお、実は苺より杏のほうがウブなので、からかうと楽しいと思います。体型はぽっちゃり。



●PC3 機械式人造人間Gladiolus A Type-003 固体識別名リリー @ 神楽 GL2 人造人間
 性格はいい子。でも、よくドジをやらかすので、手伝いを志願しては失敗してます。
 研究所から逃げ出して、ホームレス生活していたところを、乾くんに拾われ、それ以後チームの一員に。
 砲撃戦用Armd Device Gladiolusを武器に戦います。
 二つ名は「ゼロポインター(万年0点)」
 「ハワワワ、リリー頑張リマスカラ、捨テナイデクダサイ(涙)」
ちなみに、タイプAなのは、アーティラリィタイプだからです。



●PC4 瀬戸 晶(せと あきら) @ 夜来ねこ GL2 陰陽師
 年齢:25 性別:男
 ウィザードとしての二つ名は『ブラステッド・エア』
 ハンターネームは『不思議の国のアリス』と書いて『キャロル』と読むこと(ぉ
 女子中学生にしか見えないがれっきとした男。
 女装癖持ちで普段からふりふりのドレスを着てあたりを駆け回っていて、
 基本ハイテンションだがまじめな時もある、はず。
 陰陽術によく似た、カードを媒体にする魔術を行使し、戦闘においては主にサポートに回る。



----------------------------------------------------------------

■リプレイ



       『Night Wizard P.E  〜 第二話 目覚めよと呼ぶ声 〜 』



【GM-D】:●オープニング1 登場PC:杏
【GM-D】: 
【GM-D】:杏は今窮地に置かれている
【GM-D】:仲間はすでに敵の手に倒れ、緋毛氈の床をさらに紅く彩るのに命を賭してしまった
【GM-D】:周囲はすでに敵の圧倒的な力を前に竦みあがり、イノセントの者も含め抵抗の意志を捨てた
【GM-D】:敵らの手により彼らには等しく死が割り振られるであろう
【GM-D】:自分の手から地面へと紐のように血が滴る、五体満足な箇所は何処にも無い
【GM-D】:目の前の二人、片方髪の長い女性が優雅に歩き近づく
【GM-D】:怯えの混じった声を自分があげ、後ろへ一歩下がる
【GM-D】:ごとり
【GM-D】:踵にかつて仲間だったものが当たり、足を取られる
【GM-D】:??「立ち上がる間は待ってあげてもいいわよ」
【GM-D】:女性の笑みを見ただけで、涙すら出てこなく
【GM-D】:女性は両手を交差させるように前に突き出し
【GM-D】: 
【GM-D】: 
【GM-D】: 場所:苺の自室ベッドの上
【GM-D】: 
【GM-D】: 
【杏】:「はわっ!?」真っ青、いやな汗をだらだらかいてる
【杏】:「あうっあうっ……いやな夢みたよう……」
【杏】:「……」
【杏】:「寝直そう。おやすみない」
【GM-D】:女性は両手を交差させるように前に突き出し・・・


【GM-D】:●オープニング2 登場PC:全員 場所:アイゼン・レーヴェ詰め所
【GM-D】:前回の仕事から一週間弱
【GM-D】:一同は今日もいつもの通り詰め所にたむろするのであった
【紗枝】:「皆さん、おはようございます。本日の報告ですが・・・」
【GM-D】:雑用担当の野見山紗枝が挨拶をした後、諸事項の報告に入る。時刻は10:00前、今日は世間一般には休日である
【晶】:「くぁぁ…… いやぁ眠いねぇ。 そろそろ春かー……」 小さくあくびをしつつ、今日はなぜか巫女服
【紗枝】:「〜〜というところで協会からはハンター自身の自己管理に呼びかけております。次ですが・・・」
【リリー】:「モウスグ桜ノ時期デスネー」ニコニコしながらお茶を注いでる
【紗枝】:「賞金首が認定されました」
【晶】:「……賞金首?」 ぴくっと反応
【乾】:「天候は不安定だけどよ……顔色悪いな、杏」シャワー上がりでまだ髪が濡れてる
【乾】:「……へぇ。今度のはどんなヤツだ?」
【紗枝】:「依頼を受けていたチームが壊滅したことでこの依頼は協会に返還され、協会はこの事件をハンター全体に呼びかけるものとして賞金をかけました」
【杏】:「うう……ひどい夢見せられた」
【紗枝】:「以前、パーティー会場の警備役の仕事があったのは覚えてらっしゃいますか?」>ALL
【杏】:「さいてーだった……」
【リリー】:「物騒デスネェ」
【乾】:「あんまり後引かすんじゃねーぞ……壊滅?」
【晶】:「一週間位前の仕事選択の時だったかなぁ? 違ったっけ?」 >乾
【紗枝】:「はい、その時のことですが・・・」
【乾】:「だよ。俺らが選ばなかったやつだ」
【杏】:「ふむふむ。あ、リリー景気づけにお茶ちょーだい、お茶。ここは一杯飲まないとやりきれない気分なんだ」
【紗枝】:「警備を担当したチームが所持していた銃で他チームに襲撃をかけ、イノセントを含め要人にも死傷者が出ました」
【リリー】:「パーティ……チョット覗イテ見タカッタデス…」
【晶】:「……へぇ?」 ぴくりと細い眉を上げて
【乾】:「……まて、仲間割れか?」
【リリー】:「エート、複数ノチームガ警護ヲシテイテ、ソノウチノ一ツガデスカ?」
【杏】:「むむむむむ」
【紗枝】:「どちらかというと協会側は怪文章を含め、襲撃側チームの自作自演と見ている方向です」
【紗枝】:「そのようです」>リリーさん
【乾】:「……とりあえず最後まで詳しく頼む」
【リリー】:「ツマリ……怪文書送付→ハンター協会二警備ヲ依頼→警備シテイタハンターガ襲撃トイウ流レナンデスネッ」
【杏】:「んー。でもそれってさ」
【杏】:「ハンター協会の信用ってのがなくなってない?」
【乾】:「成る程な。其処に潜り込むなら武器も持ち込みやすいと……協会側で裏取り不足じゃねーかw」肩すくめ
【紗枝】:「この一件で協会はチーム『リベレーター』からハンター資格を剥奪。同時に『リベレーター』を賞金首に認定しました」
【晶】:「(……向こうの目的が気になるねぇ。 それじゃ襲撃をする為に襲撃をしたみたいじゃないか」 考えつつカード切って
【リリー】:「ダカラ賞金カケテ、自分達デ捕マエル事デ面子ヲ保トウト?」
【紗枝】:「早急に、ということでしょう。生死問わず、と書いてあります」
【杏】:「つまり」
【杏】:「次の杏達の仕事は、そいつらを倒すことなんだな!?」
【乾】:『リベレーター』について何か知らぬ?
【乾】:「若しくは要人の中に狙いがいた、ってこともあるだろ」
【紗枝】:「『リベレーター』、Cランクチーム。構成メンバー ハンターネーム:クリス(男性) ハンターネーム:エリノア(女性)」
【リリー】:「見ツケタラ捕獲ノ賞金首デスカラ。普段ノ仕事ノ『ツイデ』ジャナイデスカ?」>杏
【晶】:「…………また、男女、か……」 口元をカードで隠しつつ、ぽつり
【乾】:「……(……妙な符号だな」軽く眉顰め
【リリー】:「二人ダケノチームダッタンデスカ?」
【紗枝】:「依頼成功率88%、対多数や襲撃の恐れのある依頼の成功に定評のある二人組です」
【紗枝】:「二人だけですね。他者のデータは残っておりません」
【リリー】:「ハェー……腕ノ良イ二人ダッタンデスネェ」
【杏】:「相手にとって不足はないっ」
【晶】:「襲撃や多対ニの対決に特化した面子か。 相手すると苦労しそうだねぇ」
【晶】:「んー…… 春めいた眠気でやる気が出ないにゃ〜……」 机の上にへたり
【乾】:「(こっちは逆に対人戦には慣れてないからな……相性は悪いか)……だな。もし相手にすることになるなら注意しねえと」
【紗枝】:「ですが、この賞金首については各チームとも既にハンティングに向かっているところもあります」
【杏】:「乾っち、晶っち、もっと元気だそうよっ」
【紗枝】:「ですから、私達が積極的に狙うまでもなく・・・というところでしょうが、万が一遭遇の際はお気をつけください」
【リリー】:「リリー達ハ気ニセズニ、普段通リノ仕事ヲスレバイインデスネッ」
【乾】:「だな。事件が収束するまで単独行動はすんな。特に杏、テメーだ」
【晶】:「乾っち…… いい呼び方だにゃ〜……♪」 にんまり
【乾】:「……ウルせえ(==#」>晶
【杏】:「う、なんで杏にだけそんなこというんだっ」
【乾】:「テメーが一番突っ走るからなw」>杏
【杏】:「つ、つっぱしるとはなんだ、このむっつり!」
【紗枝】:「本日の仕事内容ですが、昨夜協会に受領いただきました『謎の不法入国者による山一面緑のペンキ事件』の塗装剥離作業です」
【リリー】:「杏サンハ近接先頭能力ガ低イデスカラ、絶対ニ一人デ立チ向カッチャダメデスヨ?」
【乾】:「……国は決まったな」(ぉ>謎の〜
【晶】:「……平和だねぇ。 ……で、紗枝ちゃん。 それマヂ?」 やる気が高速で減退w
【杏】:「う。分かったよ、リリー。リリーがそういうなら」
【リリー】:「オ隣ノ共和国デスネッ」>国
【晶】:「はい答えださなーい。 まぁ受理した以上やらないとねぇ…… 面倒だにゃぁ」 カードで突っ込みしつつ
【紗枝】:「晶さんは昨日もそうおっしゃいましたが・・・それでしたら『外国産野菜不買署名請求活動』の街頭署名のほうが宜しかったでしょうか?」
【晶】:「……なんでそんな仕事ばっかりなのぉ? お金にもあんまりならないのにぃ……」w
【リリー】:「ゴ近所ノ皆サンノオ役ニ立ツカラデスッ」やる気満々w
【杏】:「あははは。まあ、気乗りしなくても、それも地域の平和のためだよっ」
【杏】:「ヒーローは手を抜かないっ」
【乾】:「ヒーローじゃねぇからサボって良いか(==」
【紗枝】:「では、皆さん。車のほうに必要道具は揃えてありますので準備のほうありましたらご確認ください」
【晶】:「へーい。 着替えやお昼はあるかな〜?」 車のほうにてけてけ向かいつつ
【リリー】:「駄目デスヨ乾サン、ゴ近所ノ皆サンガ困ッチャイマスヨ」引っ張っていく
【杏】:「乾っちももっとヒーローっぽくあるべきだっ」引っぱっていく
【乾】:「だーっ!引っ張るんじゃねぇっ!?」ずーるずーる
【紗枝】:「私は昼食を用意してまいります。理朱さんのおかゆも一緒に作ってまいりますので30分ほど・・・」ぺこり
【晶】:「ま、今日も平和だってことかね。 ……気になる事は多いんだけれどさ」 ちらりと乾と杏の方を見て
【杏】:「暴れるなーっ! それでもヒーローの一員かっ」>乾 そして晶の視線には気が付かない
【リリー】:「サー、頑張ッテオ仕事シマショーッ」
【紗枝】:そして30分後
【紗枝】:「お待たせしました、理朱さんまだ調子が悪いそうで・・・」
【乾】:「……そっか」体調悪いってなにが(==
【GM-D】:このところ理朱は眠かったり、調子が悪いようで部屋に居ることが多いようです
【杏】:「平気なのかな?」
【理朱】:「お熱などは無いんですが・・・。それでは参りましょうか」
【乾】:ん。了解。一応部屋の前で出かける前に声だけかけていきます
【理朱】:「・・・、いってらっしゃい。お兄ちゃん」
【GM-D】:以前の明るさの無い声
【乾】:「……ん、行ってくる」内心嘆息しつつ
【晶】:「……色々と、考える事が多いなぁ」 ぽりっと頬を掻いて
【リリー】:「理朱サン、オ土産買ッテ来マスネーっ」手を振る
【杏】:「さー、はりきっていこうっ」
【GM-D】:では、理朱の部屋を後にして
【GM-D】:『謎の不法入国者による山一面緑のペンキ事件』の塗装剥離作業が始まった
【杏】:「しかし、これ、なんのためにしたんだろ?」
【乾】:「……緑化運動じゃねえか?」
【晶】:「ぁ〜も〜とってもとっても終わらないー!」 ヒスった
【リリー】:「ウンショ、ウンショ……イッソ吹キ飛バシマスカ?」がしょん


【GM-D】:●オープニング3 登場PC:全員
【GM-D】:乾たちが剥離作業が終わって帰ったのが
【GM-D】:日もとっぷり暮れた深夜10時すぎ
【GM-D】:運転する紗枝にも疲れが見えて、アイゼン・レーヴェのある家の駐車場についた
【GM-D】:家には明かりが灯っておらず、ひっそりとして
【紗枝】:「お疲れ様でした皆さん、明日は・・・休みを取ったほうが宜しいですね」
【GM-D】:疲れた顔だと微笑みも影を帯び
【乾】:「だな。きっちり寝てぇ」嘆息して
【晶】:「…………みんなもう寝たのかな……」 静まり返った家を見つつ
【リリー】:「ソレナラ久シブリニ霊華サンニ差シ入レデキマスネー」にこにこ
【GM-D】:皆が家に入ると
【杏】:「ううう……明日は苺に全部任せよう」
【GM-D】:最初に入った人間は何かに躓く
【リリー】:「タダイマデスー、オ土産ニ林檎買ッテ来マシタヨー…ワッ?」こける
【晶】:「…………っ」 ぱちっと目が開き、カードが手に瞬く間に現れて周囲を確認開始
【乾】:「おい、リリー?」懐の銃に手をかけつつ
【GM-D】:皆がリリーの足元に注視すると
【リリー】:「アタタタ……スイマセン、何カニ躓イテ…」袋から散らばってしまった林檎を拾いつつ起き上がる
【GM-D】:次第に闇に眼が慣れてきて
【晶】:「……っ! 乾っち理朱ちゃんの部屋に!」
【晶】:ミス
【杏】:「ど、どうしたー?」
【GM-D】:人間大の大きさをしている、人間みたいな感触の、人間みたいな液体を流している物体です
【GM-D】:すなわち、人間だったもの
【リリー】:「むに)……アレ、何デスカ、コレ?」
【GM-D】:明仁「・・・・」
【乾】:「っ!?」慌ててフォトンウェポン最弱で起動.手元の明かりに
【乾】:「オッサンっ!?」生きてます?
【晶】:「……っ! 乾っち、理朱ちゃんの部屋に! 此処は僕達が、急げ!」 式神作成して乾の傍に貼り付けつつ
【GM-D】:アイゼン・レーヴェの隊長、望月明仁の体は既に冷たく、外気温と同じまでになっていた
【リリー】:「……生命反応、感知、デキマセン」呆然と呟く
【乾】:「……」一瞬呆然としてから「わ、判った」混乱を押しつぶして理朱の部屋に
【杏】:「え……?」呆然
【杏】:理解できてない
【GM-D】:途中にあったリビングも、乾の部屋も、リリーの部屋も
【杏】:「な、なにが……」
【晶】:「クソっ 展開が速すぎる……っ どういう事だこれ……っ!」 ぎりりと歯軋りしつつ、部屋を確認していく
【リリー】:「……(マタ、AIガ、ザワツイテ)……トニカク、今ハ理朱サンヲ。紗枝サンハ、リリータチカラ離レナイデクダサイ」」
【紗枝】:「・・・はい」
【GM-D】:箪笥や引き出しの中が開けられ、引き出されています
【GM-D】:服や紙が散乱し、無秩序を誇る中・・・
【乾】:「理朱っ!!」普段見せないほど取り乱した姿でドアを開ける
【GM-D】:理朱の部屋
【GM-D】:同様に荒らされてはいますが・・・・ただ、ベッドの上
【GM-D】:ベッドの上には、理朱のいたであろう形に窪みを僅かに残した冷たいベッド
【GM-D】:窓から入る月が部屋の主の不在をはっきり告げている
【乾】:「……理、しゅ……?」銃をからん、と取り落とし
【GM-D】:晶が各部屋を確認していくと
【GM-D】:乾の部屋の机の上・・・、荒らされた箇所の一部である机の上に
【杏】:「乾っち……?」青ざめながら乾のあとに現れる。部屋の入り口でおずおずと声をかける
【GM-D】:少し不器用に折られた鶴の折り紙が一羽
【GM-D】:理朱が少し前まで一生懸命練習していたもの
【晶】:「……折鶴?」 手に取ろうとして、取るべきは自分でないと思い止める
【リリー】:「乾サン、理朱サンハ…!?」
【乾】:双銃を取り落としてふらふらと折鶴に手を伸ばし
【GM-D】:折鶴には少し曲がった理朱のいつもの字で「おにいちゃん がんばってね」と書かれた折り鶴
【乾】:「……ぁ……うぁ…」崩れ落ちて膝を突き
【晶】:「……目ぇ覚ませガキ!」 乾の頬をぐーで殴る
【乾】:「っ!?」殴られ
【晶】:「いつまで呆けてる! ここで呆けていれば現実が変わるのか? 何時も言っていた啖呵は口から出任せか! ……まだ、理朱が死んだと決まった訳じゃないんだぞ?」
【杏】:「あ……う……」晶の発言にこちらもびくりと身をすくませる
【リリー】:「ソ、ソウデスヨ! マダソウ遠クニハ行ッテナイカモシレナイデス!!」
【晶】:「現状を正しく把握しろ、そして次は行動だ! 君が動かないで誰が動くんだ! 全部他人任せにする心算か?」
【乾】:「…………」目線を落とし、目を閉じて深呼吸。2秒
【乾】:「……状況と死体の検分。紗枝さん、協会に連絡取ってくれ。オッサンもタダでやられるほど弱いはずはねえ。相手は侵魔ないしウィザードだ」
【紗枝】:「かしこまりました」
【晶】:「それでOKだ。 リーダー、ボク達は他に何をすればいいかな?」 にぃっと笑って
【リリー】:「モシカシテ、今朝言ッテタ『リベレーター』ノ二人トカ……」
【乾】:「理朱がいなくなってから有る程度時間が経過してる。物取りとコロシが目的とは思えねぇ。まずは痕跡掴むぞ」眼鏡をかけなおして表情を消し
【晶】:「了解♪ さぁって、ちょっとお疲れだけれど、気合入れていこー!」
【杏】:「い、乾っち。お願いがあるんだ……」
【乾】:「なんだ?」
【乾】:既に立ち上がって育ての父親の遺体の所に向かいつつ
【リリー】:「一応、リリーハ何カ無クナッテル物ガナイカヲ調ベテ来マスッ」部屋から出る
【杏】:「杏にも、晶ちゃんみたいに一発殴って気合、いれてほしい……」
【乾】:「……」サングラスのレンズに月明かりが反射して表情見えず「ぱんっ)……此れで良いか」
【杏】:「……ありがとう。がんばるっ!」
【杏】:「いやな夢、正夢にしたくなかったから……がんばるよっ」
【杏】:「なんで、なんで殺すんだ。なんで……」泣きそうになりながら晶やリリーたちのほうに向かう
【乾】:「まずは手がかりだな。金銭目的の物取りで誘拐なんざしねぇし」
【晶】:「さぁって…… とはいえ追跡は難しそうだにゃあ…… 色々とまずどう出て行ったかの確認かね。 人一人持ってる可能性が高いんだし、ちょっとは何かありそうなんだけれど…… まずは死体からかな? この家に重要なものなんて早々無いはずなんだけれどなぁ」
【乾】:「……オッサンの研究、か」
【杏】:「なんか手がかりあればいいけど」


【GM-D】:●ミドルフェイズ 登場PC:全員
【GM-D】:昨夜の騒動から一夜明け、皆は詰め所兼リビングで徹夜したまま
【GM-D】:明仁の遺体は協会の人間がウィザード関連の検分をし、報告書を届けに一度協会に戻っていきました
【GM-D】:家の中を全員で調べた結果判った事・・・・
【GM-D】:見当たらないものがいくつか
【GM-D】:小額だけど金銭の類や、明仁の手帳・・・目に付くところで、あとは
【GM-D】:乾が先日持ち帰った白い珠
【GM-D】:これは乾しか気が付かない。何故なら月衣にしまってあったはずのもの、だから
【乾】:……だったら入手経路はぼかして皆に伝えましょう。晶にだけオフレコで全部伝えて
【GM-D】:特に荒らされていたハンター協会関連のファイル棚などはまだ未整理状態。それでも
【GM-D】:ハンター登録名簿のファイリングブックがまるごと抜き取られているのが判ってます
【紗枝】:「手分けして調べた結果、以上の点が見付かりました」
【紗枝】:彼女の顔にも疲労が色濃く見え
【リリー】:「他者ノ月衣カラ、物ヲ抜キ出シタ、トイウコトデスカ? ……ソンナ事、デキルワケガ」乾に聞かされて呆然
【晶】:「お疲れ様。紗枝ちゃんは一旦休んで? また手を借りるかもしれないから。 ……にしても、やれやれ尋常じゃない相手だねぇ」
【乾】:「何らかの魔術装置か何かだろうけどな……とりあえず、そんなトコか」
【杏】:「え、えと……相手の目的はなんだろう」
【リリー】:「……ハンター名簿ガナイトイウコトハ、相手ノ目的ハ、ハンターナンデショウカ?」
【晶】:「1.ハンターの名簿 2.乾っちの白い宝石 3.理朱……は、まだちょっと微妙かな? 理由がわからないし」
【杏】:「うーんうーん。手がかりがなーいっ」
【乾】:「後はオッサンの手帳か……オッサンのやってた研究?については」
【晶】:「……研究? それなんだい?」
【紗枝】:「明仁さんの自室にありましたデスクトップには研究に関連する資料はありませんでした。机の中にも、です」
【リリー】:「パソコンノ中ノデータハ、消去サレタンデショウカ…」
【乾】:「俺が金稼いでた理由の一つ、だ。詳しい内容はしらねえ」
【杏】:「……理由?」
【晶】:「なるほどねー。 詳しくは言いたいなら後で聞くけど。 だとすれば目的その4.明仁の研究成果、か。 ん〜…… 難しいなぁ。 あ、そうだ。 司法解剖の結果出た?」
【GM-D】:ドアのチャイムが鳴る
【乾】:「……はい」応対に出る
【リリー】:「ハイ、ドナタデショウ?」乾に座っててと目で合図して自分が行こう
【GM-D】:やってきたのは一度帰った協会の事務方兼検視医、鏡という人間だった
【GM-D】:鏡「お待たせしました、結果をすぐにお知らせしようと・・」
【リリー】:「何カ分カッタンデスカ!?」
【晶】:「おーおーおーナ〜イスタイミーングっ 見せて見せてっ♪」
【乾】:「……感謝します」メガネの位置軽く直して
【杏】:「隊長……」ぽつり
【GM-D】:リビング兼詰め所に揃った一同を前に鏡が書類を出して
【GM-D】:鏡「望月明仁氏の死因は咽頭部、および胸部、額部に受けた銃弾だと断定されました」
【晶】:「……」 銃弾と聞いて眉根を軽く上げる
【乾】:「……魔術的な痕跡は?」
【GM-D】:鏡「それにより肺、喉に穴が開き絶命したと見られております。銃弾は計4発。、胸部には二発打ち込まれておりました」
【杏】:「……え、えー……と?」
【GM-D】:鏡「わずかに、ですがこれはエンチャントされた武器や魔道具の類でも検出される程度のものと思ってください」
【リリー】:「イノセント相手ニ、随分念入リニ止メヲ刺シテマスネ…」少し震えてる
【GM-D】:鏡「死亡推定時刻は19時ごろ、明仁氏が玄関で相手を出迎えたところを発砲したと思われます」
【杏】:「……玄関」
【晶】:「それだけ念を入れて殺す必要があったってことか、何時もそうしているって事だろね。(……例の賞金首の手口、確かめる必要がありそうだな」
【乾】:「……少なくとも出迎える相手、か?」
【杏】:「ね、ねえ……」
【杏】:「エミュレイターじゃない感じ、しない?」
【リリー】:「来客ノ応対ニ出タ所ヲ……デショウカ」
【晶】:「そうだねぇ。 噂の賞金首くんかにゃ?」
【GM-D】:鏡「他に何か質問はございますか?」
【リリー】:「エミュレーターナラ、銃ナンテ使ワズニ殺シタト思イマス。魔術師……人間ノ仕業デショウ」
【乾】:「……銃器の特定はさすがに無理、か」口径とかで判らんかな
【晶】:「んー…… 死亡推定時刻は?」
【晶】:「19時、だったっけ。 ぼけてるなぁ……」 あたまぽりぽり
【GM-D】:「弾丸の特定ですか・・・」>乾
【乾】:「ああ。傷跡から口径と種別は判らないか?」
【杏】:「……」立ち上がろうとする
【晶】:「……杏?」
【杏】:「奴等を探してくるっ!」
【晶】:「こらこら、手がかりも無いのに飛び出すな」 手を捕まえて
【杏】:「で、でも、もう確定じゃないのっ、これっ」
【GM-D】:鏡「・・・あ、あった。一人ガンマニアが居ましてね。奴が潰れた弾丸の種類を記載してあります」
【リリー】:「杏サン、落チ着イテ下サイ。…ソウデスヨ、ソレニソロソロ苺サンニ変ワラナイト拙インジャ」
【晶】:「第一容疑者ではあるにゃ〜。 でも、逸れに乗じてやったって可能性は0じゃないし、疲れた体じゃ返り討ちだよん? ね?」 にっこり
【乾】:「杏」
【杏】:「うう……」
【杏】:「な、なんだよ」>乾
【乾】:「……お前まで死ぬ気か?……止めてくれ」ちょっとだけ憔悴した声で
【杏】:「!!」
【杏】:「わる、かった……」しょんぼり
【乾】:「さて、すまない……教えて貰えるか?」>弾丸の種類
【GM-D】:鏡「ええと、454カスール、9mmルガーが2発、357マグナムらしいです」
【乾】:……人間相手に?
【GM-D】:鏡「カスールは表面をJSP加工してあるとかで、中で弾丸が潰れて脳がグシャグシャになっていたとか・・・」
【乾】:「……確殺用だな。どんな手段でも復活も記憶の読み取りも出来ないくらいにか」
【晶】:「……乾っち。 ボク銃とかよく判らないから、説明希望!」 びしっと手を上げて
【杏】:「……」良く分からないのできょとん
【リリー】:「……脳ヲ完全ニ破壊サレルト、魔法ヲ使用シテモ、記憶ノサルベージハデキナクナリマス」
【乾】:「……大口径の銃弾の先端を中で潰れるように加工して運動エネルギーが貫通せず内部の破壊に使われるタイプの銃弾だ」
【杏】:「えっえっ? えーと……つまり……?」
【リリー】:「ヨク、死ヌ前ノ光景ガ目ニ焼キツクト言イマスガ、魔法デソノ情報ヲ再生スル事モ絶望的デス」
【晶】:「……クソったれ。 徹底的かよ」
【乾】:「……体ん中で小さな爆弾爆発させる事考えろ。一発だ」>杏
【杏】:「……えええっ」理解した
【杏】:「ひどいよっそれっ」
【リリー】:「……」自分もこの間同じ事やったから何も言えない(ぁ
【晶】:「んー…… そこまでやられてたらこの程度かなぁ。 最後の所持品とかも何もなさそうだし」
【リリー】:「マズハ、近所デ不審者ノ目撃証言ガナイカカラ探シマスカ?」
【GM-D】:鏡「そうですね・・・遺体のほうの財布の中身も無事ですし、物取りの線も薄いでしょうか。・・とこれは検視の仕事じゃなかったですね」
【杏】:「ううううう……」
【晶】:「その辺だね。 リリー、聞き込みは頼める? 少なくとも人一人担ぐんだ。 車か……まぁ流石に徒歩はないと思うけれど」
【GM-D】:鏡「どうしましょう、これは協会側から警察に伝えておきましょうか。ウィザード関係の人間がくると思いますが・・・」
【乾】:「ああ。其れと奪取されたハンターリストに名前の載っているハンターへの注意の呼びかけ。趣味的な銃弾だから其処から犯人若しくは凶器の方を洗うぞ」
【リリー】:「分カリマシタ、リリー頑張リマス!」
【杏】:「な、なあ」
【晶】:「んー…… 確かに警察の包囲網は魅力的だけれど、被害も増えそうだなぁ……ん?」
【杏】:「例の二人組み……銃、使うの?」
【乾】:「……」使ってます?
【晶】:「……まぁね」
【晶】:「使うよ」
【杏】:「ええと……。あのね」
【杏】:「隊長を殺した敵ってすっごい特殊な銃を使ったんだよね? それなら特徴があるから、ええとええと」
【杏】:「そう、例の二人組みがもしそういう二人なら、すぐ分かるよねっ?」
【晶】:「まぁそうなるね。 ……そうだね、その二人の捜査状況も聞いてみようか」
【GM-D】:鏡「? 皆さん何を?」
【晶】:「弔い合戦♪ なぁんてね。 ただ、黙って待ってるのも癪だって事さ」
【GM-D】:鏡「いえいえ、そうではなくて。私はこのまま帰ってもいいんです?」
【乾】:「ん……警察への根回しの連絡を頼めますか?」
【晶】:「あー…… ち、ちょっと待って! また聞きたい事が出るかもしれないから連絡先頂戴っ♪」 手を出して
【GM-D】:鏡「はいはい、じゃ警察方面のウィザードが担当に当たると思いますので。はい、これ私の名刺」>乾、晶
【晶】:「さんきゅ〜♪」
【GM-D】:渡された名刺には「ハンター協会 歌って踊れる事務カスタム 万華 鏡」
【晶】:「…………えと、一応これボクの」 名刺を渡してw
【GM-D】:鏡「どうもご丁寧に」
【晶】:「とりあえず、今はこんな所かな? わざわざご苦労様でした♪」
【GM-D】:鏡は一礼するとかえって行きました
【紗枝】:「皆さん、今はお休みください。此処で寝ないと体を壊してしまいますよ」
【GM-D】:紗枝が心配そうに一同をみて
【晶】:「そだね。 んじゃ、ボクは帰るよ。 明日から動こう、先ずは力を蓄えなきゃ♪」
【杏】:「うん……そろそろ苺に変わらないと……」うつらうつら
【リリー】:「…リリーモ、少シ充電シマス」
【乾】:「……戻るなら送るぞ」
【杏】:「お願いしましゅー……くーー」
【乾】:じゃあ杏背負って彼女の家に
【杏】:むにむにです。むにむに(謎)
【GM-D】:それでは、各自がそれぞれの場所に戻ってひと時の安らぎを得て・・・
【乾】:「……」戻って自室に篭り
【GM-D】: 
【GM-D】:「ふざけとったらドツくぞ、オラァ!」
【GM-D】: 
【GM-D】: シーン:アイゼン・レーヴェ本部 登場PC:乾、リリー 

【GM-D】:そんな声が寝ている二人のどこかから聞こえてきたような・・・
【GM-D】:声のした方向は玄関の方面
【乾】:「っ!!……」自室で膝抱えてうとうとしてたのが飛び起きて玄関に
【リリー】:リリー「ぴぽっ)待機モード解除、通常モードヘ移行………何ノ音デスカ?」
【リリー】:玄関へ向かう
【乾】:眼鏡をかけ、無意識に懐の銃に手を添えて
【GM-D】:玄関に向かってみれば
【GM-D】:紗枝とサリが居る
【GM-D】:そしてサリは胸倉を長身の男につかまれて揺さぶられている真っ最中である
【GM-D】:サリ「落ち着こう、君は精神的な疾患を患っている。治す方法は私が知っている、私に任せたまえ」
【リリー】:「イッタイ何ノ騒ギデスカ?」見知らぬ男の隣に行って声をかける
【乾】:サリと長身の男の間に割って入ります
【GM-D】:男「やかましいわ、タコが!借りた金も返せん外道が迷い言いうなや」ゆさゆさ
【GM-D】:男「なんや、お前ら」>乾、リリー
【乾】:男に見覚えあります?
【GM-D】:知力ジャッジどうぞ。目標値は11
【リリー】:「リリーハ、リリート言イマス。コノ家ニオ世話ニナッテマス」ぺこ
【乾】(ダイス):ころころ... 2D6+8: 2D6: (4, 2) = 6 = 14
【リリー】(ダイス):ころころ... 2D6+5: 2D6: (6, 2) = 8 = 13
【乾】:普通に成功
【リリー】:クリティカルで成功w
【GM-D】:ハンターネーム“ローンスター”
【GM-D】:“baddy”(悪人)ロイと呼ばれるBランクハンター、副業として金融業を営んでいる
【GM-D】:高額融資も受け付けるが、取立ても金利も悪辣と評判
【GM-D】:目の前のサングラスの男がそれだと二人には想像がつきました
【乾】:「(……オッサン。ナニやってたんだ)此処の家主の同居人。家主は不在だ」不機嫌そうに
【GM-D】:ロイ「せやからどうやっちゅうねん、昨日振込みする返済金が振り込まれとらんことには変わらんやろが」
【リリー】:「エート、確カローンスター<Tンデスヨネ。明仁サン、借金シテタンデスカ?」
【GM-D】:ロイ「お嬢ちゃん話が早いな、つまりはそういうことや。借りた金は返さんといかんよな?」
【乾】:「そうだな。死体からでも取り立てるか?」意図してどうでも良さそうに
【リリー】:「ハァ、イクラデスカ?」きょとん
【GM-D】:ロイ「ざっと3000万v」>リリー
【GM-D】:ロイ「・・・、ちょっと待ち。おっさんやっぱり死んだんか」>乾
【乾】:「……やっぱり?どう言う事だ」じりっ
【リリー】:「……20万ナラ手元ニアリ…発言ノ意味ヲ聞イテモイイデスカ?」
【GM-D】:ロイ「1.昨日協会に死体が一丁検死にきたと聞いた 2.おっさんは只の一度も返済を遅らせたことが無い 3.何故なら遅らせるとどうなるか最初に教えたから」
【乾】:「……想像通りだ」吐き捨てるように
【GM-D】:ロイ「そか、・・・で坊主どうするん?お前はこの借金被らんでもええねんで?担保だけもらえればええさかい」
【リリー】:「担保?」
【乾】:「一介の高校生がどうやって8桁の借金……担保?」
【GM-D】:ロイ「せや、この家と土地の権利書、後・・・ここに嬢ちゃんがおるんやろ?理朱って子、あの子が担保や」
【リリー】:「理朱サンハ現在行方不明デス…」どよーん
【乾】:「っざけんじゃねぇっ!!」>担保が理朱
【GM-D】:ロイ「こっちの台詞や!お前んところのおっさんが担保にするっちゅうのにOKだしたんやろが、証書なら取ったるで?!」
【GM-D】:ロイ「って、再び待ちぃ!行方不明やて?」
【乾】:「……ああ。そうだよ」行方不明って二度言われてクールダウンした
【リリー】:「ハイ、リリー達ガ仕事カラ戻ッタラ、明仁サンガ玄関デ殺サレテイテ、理朱サンハ部屋ニイマセンデシタ」
【リリー】:「明仁サンヲ殺シタ犯人ガ、理朱サンヲ何ラカノ目的デ浚ッタモノト思ワレマス」
【GM-D】:ロイ「あかん、あかんで・・・・。意味がないやんか」
【リリー】:「現状、借金ノ担保デ貴方ガ持ッテイケルノハ、家屋敷ト各種権利書ノミニナリマスネ」
【乾】:「……待て。意味が無いってどう言う事だ」
【GM-D】:ロイ「そんなん大した金ならへんのや、どっちかっちゅうと嬢ちゃんのほうが価値高いねん」
【乾】:「女の子一人担保と言っても土地屋敷の方が価値あるだろ」
【リリー】:「ツマリ、理朱サンニハ何カ普通デハナイ『価値』ガアッタトイウコトデスカ?」
【GM-D】:ロイ「あかん、こんな家即決で買ってもらわんと金にならんし、それなりの金にしよう思たら時間がかかるし、維持費も馬鹿ならんし・・・」
【リリー】:「返答ヲ希望シマス(ずい」
【GM-D】:ロイ「普通やない価値ったら何やねん?指からマシンガンでも出るっちゅうんか?」
【リリー】:「真面目ニ応エテクダサイ。チナミニリリーハ砲ガデマスガ(がきょん」換装してみる(ぉ
【乾】:「アンタが価値があるって言ったんだろ。家屋敷と土地を売り払うより遙かに、って価値は一体なんだ?」
【GM-D】:ロイ「家、土地がこれやったら大体立地条件も込み込みで700から800、家自体も古めやし、交通条件も良いとは言い切らん。嬢ちゃんのほうやったら非合法なルート、・・・あまりそういうのとは係わりたないんやけど、最終的に1000いく話も聞いたことある」
【リリー】:「タダノ人身売買ダト?」
【乾】:「……」
【GM-D】:ロイ「好事家に売っても500ぐらいやろか。・・・下世話な話だと未通女で+100ってところか」
【乾】:殴りたい。だが殴る相手はこいつじゃない。うがー(死
【リリー】:「……乾サン、目的ガ一ツ増エマシタネ」
【GM-D】:ロイ「で、持ってかれたくないん?担保」乾と目線をちょっと合わせ
【乾】:「……自分の妹はいそうですかって渡せるわけねぇだろうがっ」眼鏡の奥に苦悩を浮かべて歯を喰い縛って搾り出すように
【GM-D】:ロイ「地獄見る根性あるか?」丸眼鏡のサングラスの端から鋭い眼光が覗き
【乾】:「……なんか手段あんのか」レンズ越しに睨んで
【GM-D】:ロイ「あるのか無いのかどっちなんや、チャンスの神様は前髪しかあらへんで?」
【乾】:「……」一瞬瞑目して「リリー。増やすのは俺だけで良い」
【乾】:「地獄でも何でも見せてくれ」
【リリー】:「リリーモ、仲間デ家族ナンデス。一緒ニ見マスヨッ」
【乾】:「……あんがとな」口の端をちょっと歪めてリリーの頭をぽむ
【GM-D】:ロイ「協会にな、『ハンター更正援助金』って制度があるんや。あまり大っぴらには語られんがな」
【乾】:「……名前だけは真っ当に聞こえるな」
【リリー】:「大ッピラジャナイトコロガ怪シイデス」
【GM-D】:ロイ「要は『報酬の使い道から箸の上げ下げまで監視つける代わりに借金を肩代わりしてやろう』っつうことや」
【乾】:「協会に一方的に不利に……いや、仕事の選択の自由まで含めた監視か?」
【GM-D】:ロイ「借金は最初に利子をちょいと乗っかるだけ、仕事の選択もある程度監査員がチョイスするが向こうかてアホやない、死ぬような仕事任せたら金取り立てられずに終わり、や」
【GM-D】:ロイ「むしろ、やっかいなのが・・・」
【リリー】:「ナノガ…?」
【乾】:「?」
【GM-D】:ロイ「監査員に危害及び仕事の放棄をすると協会から警告がくるんや。再三に渡って警告して更正の余地無しと判断されたら・・・」
【GM-D】:ロイ「そいつはその時点で協会から賞金がかけられる、賞金首になるんや」
【GM-D】:ロイ「生存限定の賞金が賭けられてハンター連中にとっ捕まって協会に渡されたらその賞金分の借金が上乗せされて晴れて舞台の裏っかわに連れてかれる。どうなるかは俺も聞いとらん」
【GM-D】:ロイ「まあ、真っ当に働いとったら報酬の何割かを向こうが返済に充ててくれるし、そしたらいつかは自由の身や」
【リリー】:「思ッタヨリモ普通デスネ?」
【乾】:「聞いてる分には、な」
【GM-D】:ロイ「まあな、あまり大っぴらに出来ん理由は協会が表立って賞金首認定するとか言いたないとか、あと人手不足やから余り監査員に割く人手がないってところやろか」
【リリー】:「ジャア、トリアエズソノ方法デ行キマショウカ」
【乾】:「選択の余地は無い、か……頭が痛いぜ」嘆息しつつ。仇探しと理朱探しも平行か
【紗枝】:「・・・、協会の手続きのほうは私がしておきます」
【リリー】:「ナントカナリソウデスネッ」
【GM-D】:ロイ「認印押すハンターが一人必要やからそん時は俺の名前出しとき、あとでハンコ押しに行くさかい」
【乾】:「だな(仇探しと理朱の捜索と平行……できる、のか?)」>ナントカ
【GM-D】:ロイ「これで坊主、お前は3000万の借金持ちや」>乾
【乾】:「頼む……判ってるよ」>ロイ
【リリー】:「アリガトウゴザイマス、ロイサン!」笑顔でぺこり
【GM-D】:ロイ「名前聞いとこうか、坊主」>乾
【乾】:「……望月 乾だ」
【GM-D】:ロイ「覚えておくわ、俺は“ローンスター”ロイ。お前を賞金首として追うことないように頑張り」
【リリー】:「リリーハ、リリーデスッ」
【GM-D】:ロイ「おう、それじゃまた顔見に来るわ」
【GM-D】:上着を肩に背負って出て行く
【リリー】:「乾サン、頑張リマショウネ!」ロイを見送って
【乾】:「……ああ」眼鏡を直して思いつめた表情で
【GM-D】: 
【GM-D】: 
【GM-D】: 時刻:14:00頃 場所:本部 登場PC:全員
【GM-D】: 
【リリー】:「トイウワケデ、理朱サンヲ探スノト並行シテ、借金ヲ返済スルコトニナリマシタ」事情を説明する
【乾】:「……暫く迷惑を掛ける。不満なら抜けて貰って構わない」
【杏】:「ふむふむ。……不満はあるっ!」
【晶】:「……そこ、そういう事いうかなぁ? ボクだって理朱ちゃんが心配なんだ。 最低限無事がわかるまで降りないって」 ぱたぱた手を振って
【リリー】:「リリーハ二人ニイテ欲シイデスケド…オ金ナラ、リリーノ報酬カラ引イテクレレバイイデスカラッ」>不満」
【杏】:「どうして言ってくれなかったんだ!」
【乾】:「リスク考えれば当然だな。賞金首になられても困る……いや、それは」
【乾】:「……家族の問題ってだけだ」一瞬表情頑なにさせて>どうして
【リリー】:「ロイサンガ来タ時ハ、オ二人ガイナイトキデシタカラ…」正論(ぁ
【杏】:「とりあえずチームで背負う借金なら、全部公平であるべきだっ」
【晶】:「ま、聞いた感じ即決の必要があった訳だし、理朱ちゃんを取ったところは褒めてあげるよん? 乾っち♪」 にや〜
【乾】:「……」ぎろ
【晶】:「きゃ〜こわ〜い♪ ……ま、実際金をきちんと稼ぐのに人では要る筈だ。 協力は拒ませないよ」 真面目な顔になって
【杏】:「うんうんっ! 協力させて!」
【リリー】:「ソレジャア、今マデ通リ四人デ、チームヲ組メルンデスネッ」ばんざーい
【乾】:「感謝する。其れと」嘆息「もう一度言うがこの借金はウチの家族の事だ。お前達には極力背負わせる気はない」
【杏】:「チームの借金だよ!」
【GM-D】:ピンポーン
【晶】:「杏ちゃん、これは乾くんのけじめなんだ。 何か必要になった時にこっちから出せばいいだけ……? お客さんかにゃ?」
【GM-D】:玄関の呼び鈴が鳴らされる
【乾】:「……はい」杏の叫びを意図して封殺してインターホンに
【リリー】:「今日ハオ客サンノ多イ日デスネ…ハーイ、今開ケマース」がっきょんがっきょん
【乾】:「リリー、直接出るな」
【GM-D】:男性の声「警察署捜査一課の剣持と言います、協会から連絡を受けて来ました」
【リリー】:「警察ノ人ダカラ大丈夫デスヨ、乾サン」そんなに過敏にならないで、と笑顔
【乾】:カメラみたいなの無いかしら
【乾】:「……」一瞬目を伏せてから確認のためリリーについていく
【リリー】:「がちゃり)イラッシャイマセ、剣持警部サン」玄関開ける
【GM-D】:剣持「どうもご丁寧に」玄関口に立っているのは些か恰幅のいい口ひげをもっさり生やした中年男性
【乾】:「どうも。望月です」ぶっきらぼうに…手帳は?
【GM-D】:見せてくれますよ、中も開いて顔写真までも
【乾】:「どうも。ご丁寧に」其れ確認したら中に通します
【リリー】:「コチラヘドウゾ」部屋に案内
【GM-D】:剣持「それでは」中に入り
【GM-D】:全員が居る場に剣持が着席し、紗枝がお茶を運んでくる
【晶】:「…………」 楚々としてお茶を飲んでる
【GM-D】:剣持「協会から一応の事情は聞きましたが、再度お聞かせ願えますかな?」
【乾】:「はい」かくかくしかじかで良いかしら
【リリー】:乾の説明に、細かい時間なんかを付け加えるロボ(ぁ
【晶】:どうなんだろ? 疑う理由も薄いけれど、信用する理由も少ない気もする
【乾】:協会と警察機構を疑う理由がないのよね
【リリー】:むしろ大事な情報源ですしね
【晶】:だから、お任せ。 しゃべっていいかな
【乾】:って事で一通り全部喋っておきます。借金がらみ以外
【GM-D】:剣持「なるほど・・・」お茶をずずず
【GM-D】:ヒゲがお茶に濡れ
【GM-D】:剣持「では、警察のほうでは検死は既に済んでいることにして、データは協会のものを使っておきましょう。一応本件に関しては私が担当することになりますが宜しいですかな?」
【晶】:「……」 ちらりと乾君を見て
【乾】:「……よろしくお願いします」
【リリー】:「オ願イシマス」横で深々と一礼
【杏】:「犯人、捕まえてください」
【GM-D】:剣持「わかりました、事件当時の現場の写真などは協会にあるものを見せていただきます。今日のところはこれで失礼をば」ヒゲもさもさ
【晶】:「はい、お任せしますね?」 にっこり
【GM-D】:剣持「・・・、努力しましょう」帽子を被り>杏
【GM-D】:剣持警部補が戸口で再度振り返り、一礼をする
【晶】:「……」 お辞儀をしかえす
【乾】:「……」無言で見送り
【リリー】:「オ気ヲツケテ」玄関先まで見送ろう
【杏】:「……」ぺこり
【GM-D】:剣持警部補が玄関出て・・少し横に避ける

【GM-D】:入れ替わるようにこちらに歩いてくる女性
【GM-D】:女性は開いている玄関をくぐると見送りに着ていたリリーを見やる
【GM-D】:女性「初めまして、協会の方から来ました。アイゼン・レーヴェはこちらですか?」
【リリー】:「本当ニオ客様ガ多イ日デスネ…)ドチラ様デショウ?」きょとん
【GM-D】:キャリアウーマンのような装いをして、ヒールを鳴らしてやってきた女性は言葉を続ける
【リリー】:「ハア、協会ノ方カライラッシャッタ方デスカ。乾サーン、協会ノ『方』カラオ客様デスー」
【乾】:「……協会の方から何の御用でしょうか?」疲れた表情で
【GM-D】:女性「『ハンター更正援助金』窓口からの出向で参りました、羽生 藍(はにゅう・あい)です。望月乾さんでしょうか?」
【乾】:「アイゼンレーヴェリーダー、望月乾です」一礼「申し訳無いが身分証を提示して頂けますか?」
【藍】:肩に下げたバッグから協会の身分証を取り出し掲示する
【晶】:「本物、かな? それで御用はなんでしょう?」 >藍
【乾】:名前と顔写真確認して「監査の方ですか?」
【杏】:「なんかさっきから本当にお客多いね」
【藍】:「協会から望月乾さんの名義で3000万、“ローンスター”ロイ氏を受取人として融資いたしました」
【リリー】:「トリアエズ、玄関先デ話スノモナンデスシ、中へドウゾ」まだ玄関にいた(ぉ
【乾】:「感謝します」
【藍】:「『アイゼンレーヴェ』は此れにより協会の『ハンター更正援助金』機関の監査の下に置かれ、私、羽生藍が監査員として任命、派遣されました」
【藍】:「暫定措置として望月明仁氏に代わり隊長として就任させていただきます。但し、実働についてはそちらに一任いたします。私は皆様の監査及び仕事の選抜、実生活の介助に当たります」
【晶】:「………実生活の介助? っていうか、監査はいいんだけれど、ボクみたいにこの家に住んでいないのはどうするんだい?」
【杏】:「ちょっとまってよ!」
【杏】:「むしろ隊長ってなに!?」
【乾】:「……現在、我々は襲撃者の手で隊長を失い、その息女も拉致されている。その事件の解決への関与は便宜を図って貰えるか」
【乾】:>仕事の選抜
【藍】:「協会から派遣された私は皆様を監査、管理する必要があります。そのための隊長を名乗らせていただきたいのですが、ご不満でしょうか」>杏
【リリー】:「明仁サンノ死亡ニヨリ、現在レーヴェノ隊長ハ空席デス。コノ人ガ仕事ヲ選抜スル以上、隊長ニナルノハ当然ノ事ト思イマスケド」>杏
【杏】:「だ、だって、隊長は……」
【杏】:「隊長は……」上手く言えない
【藍】:「判りました、その件の解決における妨げにならない範囲あるいは解決に結びつく仕事を選んでまいりましょう」
【晶】:「いいんだよ。 彼の存在はただ席にあるものじゃなかったでしょ?」 杏の頭ぽんぽん
【乾】:「……直ぐ受け入れろとはいわねぇ。慣れろ」>杏
【リリー】:「ソレニ拘ッテイタラ、コノ家モ、助ケタトシテモ理朱サンマデモ失イマス」
【杏】:「……うう」
【杏】:「けど、うー。……分かったよぅ」
【リリー】:「自分ニ縛ラレテ、選択ヲ狭メルノハ、明仁サンモ喜バナイト思イマス」
【藍】:「本部に通いで見えていらっしゃる方については後日順番に監査に向かわせていただきます。今後、私もこの本部に駐屯させていただきます、皆様よろしくお願いいたします」
【晶】:「んー…… それじゃ部屋の掃除しないとにゃ〜……」 面倒くさそうな顔
【杏】:「……うん」
【杏】:「って我が家に来るの!?」
【杏】:「うーんうーん」
【杏】:「ど、どうしようっ」
【晶】:「……にゃ? ……ああ、そういえば杏は家に居る時は苺なんだっけ? どしよねー?」 首を軽く傾げて
【杏】:「ぐるぐるぐる」困っている
【藍】:「事情は後でお伺いしましょう、勿論あなたの困らない範囲で監査させていただきます」>杏
【杏】:「よ、よろしく」
【藍】:「では皆様ご了承の下、私が監査員として参入させていただくことで宜しいでしょうか?」
【リリー】:「ハイ、ヨロシクオ願イシマス」ぺこり
【晶】:「それじゃ、今後ともよろしくぅ♪」 ちゃっと手を上げてにっこり
【乾】:「……よろしく頼む」
【藍】:「では・・・」
【藍】:「改めてよろしく、私が監査員兼アイゼンレーヴェの隊長の羽生だ。君達とは一蓮托生、お互い良い付き合いをしていこう」
【藍】:柔らかい物腰が一転し
【リリー】:「……ヨロシクオネガイシマス」トラウマが脳裏をよぎった
【乾】:「……宜しく」眼鏡が光を反射して表情は見えず
【杏】:「よ、よろしく」
【晶】:「チーム戦闘要員、妨害サポート担当、瀬戸晶。 ……一応情報も調べる時もあるかな? 以後宜しく」
【藍】:「楽しみだな」


・リサーチ

【GM-D】:・全員リサーチに何をするか宣言してください
【杏】:DHAに、隊長親子について聞き込む
【乾】:自身は家で明仁の研究調査。コネのリーゼに連絡を取って凶器の流通経路を洗ってもらうよう依頼
【リリー】:ご近所で事件当日に目撃者がいなかったかを聞き込み
【リリー】:コネのご近所のおばさん土屋ハナと、公園で霊華とかホームレスに聞く予定(ぁ
【晶】:冥さんに454カスールの至近購入者やら賞金首の二人についての情報を調べてもらいつつ、今の賞金首二人の状態を賞金稼ぎに聞く、かな?
【GM-D】:では、晶は冥に、乾はリーゼにそれぞれ連絡を入れて・・・・
【GM-D】:晶とリリーは出かけ、乾、紗枝、藍は自宅に残って
【GM-D】:晶が召喚した式神も自宅にお留守番
【GM-D】: 
【GM-D】: 場所:近所の公園 時間:16:00ごろ 登場PC:リリー
【GM-D】: 
【GM-D】:リリーが公園に赴くと丁度霊華がトイレ脇の水道で水を汲んでいるところに出くわした
【リリー】:「霊華サーン!」手を振って挨拶
【GM-D】:霊華「や、リリー。こんな時間に来るのは珍しいね?」
【リリー】:「オ久シブリデス。ア、コレオ土産ノ林檎デス。皆サンデドウゾ」袋に入った林檎を手渡し
【GM-D】:霊華「や、ありがとう。いつもすまないね」小脇にリンゴの袋を抱え、片手に水の入ったバケツを下げ
【GM-D】:霊華「立ち話もなんだし、家まで行こう」
【GM-D】:そういってすぐ其処のダンボールハウスまで連れて行かれれば
【リリー】:「ア、ソレナラ水オ持チシマスヨ」後を付いて行き
【GM-D】:レンガブロックのイスに座って、中央では鍋に水が入れられ火にかけられて
【GM-D】:霊華「何か入用なのかい?見た限りは元気そうだけど・・・」
【リリー】:「ハイ、予備ノコードガ幾ツカ…ソレト、聞キタイコトガアリマシテ」真面目な顔
【GM-D】:霊華「・・・話してごらん?」
【リリー】:「アノ……明仁サンガ殺サレタノハ、ゴ存知デスカ?」
【GM-D】:霊華「・・・いや、初耳だね。それは大事なんじゃないのか?」
【リリー】:「大事デス、理朱サンモ浚ワレタノカ行方不明デスシ…」
【GM-D】:霊華「それで、ボクのところに来た理由はなんだい?何か目撃しなかったか、かな?」
【リリー】:「ソウデス。事件当日ニ怪シイ人影ヤ物音、ナンデモイイデス! 見マセンデシタカ!?」
【GM-D】:ハナ「リリーちゃん、どうしたの?そんなに興奮して」
【GM-D】:ハナさんが小さな両手鍋をもってやってくる
【GM-D】:霊華「どうもハナさん」
【リリー】:「ア、オーヤサン、コンニチハ……」言っていいものか少し思案
【GM-D】:ハナ「はいこれ、余分につくった肉じゃが」鍋を霊華に渡し
【GM-D】:霊華「いつもすいませんね」そっとリリーを見て、その目線はどうする?と問うようで
【リリー】:「オーヤサン、昨夜怪シイ人影ヲ見マセンデシタカ? 物音デモイインデスケド…」
【GM-D】:ハナ「夜かい?あたしゃ夜はもう家に篭りっきりが多くてね、昨日も・・・」
【GM-D】:ハナ「昨日・・・。そういえば、さぁ」
【リリー】:「何カアリマシタカ!?」勢い込んで
【GM-D】:ハナ「夜にテレビみてたらパーン、って音がして・・・どこかで事故か、ひょっとしたら事件かと思ったけど」
【GM-D】:ハナ「それっきり、何もさ。パトカーも来やしないし・・・」
【リリー】:「19時頃、デスカ……」
【GM-D】:ハナ「そうだね、見てたテレビが始まって・・・CMはいった辺りだから19:30すぎか、前か・・・そんな感じ」
【GM-D】:ハナ「・・・リリーちゃん」ハナさんが心配げな顔で
【リリー】:「ソウ、デスカ、教エテクレテ、アリガトウ、ゴザイマス」『笑顔』を作ろうとするが、プログラムにバグが発生、上手く作れない
【GM-D】:ハナ「・・・何かあったらいつでも言っとくれ。力になるからね」心配を顔にだしていつものようにリリーを撫でる
【リリー】:「アリ、ガトウゴザ、イマス、オーヤ、サン」途切れ途切れの言葉を紡ぐ
【リリー】:「霊カサンハ、ドウ、デスカ。何カ見、テマセンカ?」
【GM-D】:ハナはそのまま帰っていき、改めて霊華が向き直る
【GM-D】:霊華「とりあえずは気持ちを落ち着けてからだね」沸いたお湯でココアをいれ、リリーに渡す
【リリー】:「アリガトウゴザイマス…」受け取るけど、飲めない(ぁ
【GM-D】:霊華「・・・すまなかった」照れ笑いを浮かべ
【GM-D】:霊華「昨日のことを思い返してみたんだが、たしかにボクも破裂音は聞いた」
【GM-D】:霊華「その音で外に出てしばらく聞き耳を立てていた、そしてそれ以降はそれらしい音はしなかった」
【リリー】:「イエ、人ト同ジヨウニ扱ッテモラエルノハ『アリガタイ』事ダト思イマス…」
【リリー】:「…破裂音ハ一度ダケデシタカ」
【GM-D】:霊華「ああ、一度だけだ。『ぱーん』と・・、いやまてよ」
【GM-D】:霊華「ぱーん、と・・・いう音が二重に聞こえたな。低い音と高い音・・・二つだ」
【リリー】:「低イ音ト高イ音?」
【GM-D】:霊華「うーん、そんな気がするとしかいいようがないが。少なくとも音が一つだけじゃないと思うんだ」
【リリー】:「一ツジャナカッタ……アリガトウゴザイマス、参考ニナリマシタ(ぺこ」
【GM-D】:霊華「それだけでいいのかい?」
【リリー】:「今ハソレダケデモ充分デス。何カ思イ出シタラ、リリーノ0−Phoneニ連絡ヲ下サイ」
【GM-D】:霊華「うん、わかった。それじゃ気をつけて」
【リリー】:「ハイ、マタオ願イシマスネ」ダンボールハウスから去る
【GM-D】: 
【GM-D】: 
【GM-D】: 場所:喫茶エトワール 登場PC:晶
【GM-D】: 
【GM-D】:ハンターネーム“グレイオッド”の待ち合わせに指定された場所、奥のボックス席
【GM-D】:そこに待っているのは髪に白メッシュが入った居丈夫たる男
【GM-D】:賞金稼ぎ“グレイオッド”その人は三本目のタバコに火をつけたところだった
【晶】:「よーほー♪ 久しぶりぃ、オッドぉ♪ 元気に狩してるぅ?」 ぶんぶんと手を振りながら対面の席に座る
【GM-D】:オッド「相変わらずだな、おめぇは」口いっぱいに吸いこんだ紫煙を横から吐き出し
【晶】:「ボクが変に変わったらそれこそ一大事さね♪ ……で、頼んだ事はどうだい?」 ぱちんっとウィンクしつつ
【GM-D】:オッド「『リベレーター』の二人のことだな?」タバコを灰皿に押し付け
【晶】:「そ。 最近ずいぶん鳴らしてるみたいだねぇ。 やっぱりオッドの耳にも良く入ってくるかい?」
【GM-D】:オッド「あんまりアレと関わらないほうがいいぞ、ありゃ真性のキチガイだ」
【晶】:「うはー…… 詳しく聞かせてくれる?」
【晶】:ありゃまぁと嫌そうな顔をしつつ
【GM-D】:オッド「あいつらパーティー会場の事件を皮切りにあちこちに出没しては敵味方おかまいなしに暴れまわってやがる」
【晶】:「前からそうだったのかい? そこまでイカレた連中なら協会からさっさと抹殺されているだろ?」
【GM-D】:オッド「いーや、それまでは派手なスタイルの割りには堅実さで売っていたんだ。電波でも届いたか、人が変わっちまったみたいだな」
【晶】:「ふぅん? どういうスタイルで売ってたんだい? ちょっと仕事でトラブって、下手するとかち合うかもしれないんだよ」 参ったもんだね、とお手上げポーズしつつ
【GM-D】:オッド「教えてやってもいいが、一つだけ忠告しておく
【晶】:「おーらい。 オッドの忠告はきかないと後悔する事多いしね」
【GM-D】:オッド「奴らに手を出すと確実に死人が出る、間違いない。今日までに賞金稼ぎ4人とチーム3組が潰れたんだ」
【GM-D】:オッド「いざとなったら逃げろ。迷わず、だ
【晶】:「……おーけい。 死ねない理由の一つや二つくらいボクにだってあるし、マズくなったら尻尾巻いて逃げるよん」 理朱のことが無かったらね、と心の中でつぶやいて
【GM-D】:オッド「リベレーターの男、『クリス』って奴だが。こいつは背中にデカイ十字架背負ってるんだ」
【晶】:「十字架ねぇ……」
【GM-D】:オッド「ガンナーであることは間違いないんだ。何でも十字架に見えるがこれが銃だとかいう話だ」
【晶】:「……何だかホント、やな予感させてくれる情報だね。 続けて?」
【GM-D】:オッド「女の方は『エリノア』ってハンターネームで登録されてる。いつも紅いドレス着てるからよく目立っていたよ」
【GM-D】:オッド「こっちもガンナーで何処からともなく両手に銃取り出してぶっ放しやがるそうだ」
【晶】:「……派手なガンナーコンビって訳ね。 二丁拳銃に十字架みたいな銃ねぇ」
【GM-D】:オッド「とにかくこっちが何やっても通じないんだとさ」
【晶】:「……通じない? ゾンビみたいな?」 両手をだらんとあげて、ゾンビのポーズ(謎
【GM-D】:オッド「いや、何でも。対物ライフルの一撃も銃弾で打ち返されるわ、反らされるわ・・・」
【GM-D】:オッド「チームの魔術師がそれならば、と打ち込んだ隕石もまるで無かったかのようにけろりとしてやがる」
【晶】:「障壁ってわけ? よく判らないけれど」 ばりあー! なポーズ(ぉ
【GM-D】:オッド「まあ、そんな俺の知り合いチームは仲良くベッドとお友達というわけだ」
【晶】:「おーまいごっど。 確かにお手上げだ、無敵キャラってわけだ。 イベントボスじゃあるまいし」
【GM-D】:オッド「バリアーだかエリア88だか知らないけど、おかげで賞金額はうなぎのぼり」
【GM-D】:オッド「せいぜい草葉の陰で死んだ連中も涙でぬれてることだろうぜ」
【晶】:「死人に口無し。 言いっこ無しさ。 生き残れた事を祝えばそれでよし」
【GM-D】:オッド「俺は降りるつもりだ。リスクがでかすぎる、一人ものの泣き所ってやつだな」
【晶】:「そうしなよ。 昔馴染みに死なれるのは、これ以上はちょっと辛い」 少しだけおどけた様子が消えて
【GM-D】:オッド「俺も惚れた相手に死なれるのは辛いんだよ」顔を少し陰らせ
【晶】:「ふぅん……? ま、いいや。 運良く解決手段が見つかればそれでよし。 でなきゃさっさとキャンセルさせてもらう心算で動くよ」
【晶】:オッドの様子にちょっと首を小さく傾げつつ
【GM-D】:オッド「そうしてくれ・・・」タバコに火をつけて
【晶】:「んー… 後は、向こうから弾丸の入手経路と…… 二人の過去も調べておきたいなぁ。 あ、そだ。 そいつらが最後から一つ前に関わった仕事とかって、協会で聞けばわかるかな?」
【GM-D】:オッド「あー、わかるんじゃねえかな?ん、もういくのか?」
【晶】:「もーちょっと。 コーヒー一杯分くらいは付き合うさ。 久しぶりに会ったんだしね♪」 ぱちんとウィンク
【GM-D】:オッド「・・・そ、そうか。ならいい」途端に目線をそらして、顔を伏せ
【晶】:「相変わらず変なオッドだなぁ」 くすくす
【GM-D】:オッド「お前が変だからな、これぐらいで丁度いいだろ・・」
【晶】:「全くだね。 にゃはははは♪」 屈託なく笑う
【GM-D】: 
【GM-D】: 
【GM-D】: 場所:アイゼンレーヴェ本部 登場PC:乾
【GM-D】: 
【GM-D】:研究資料を探すために探索を始める乾
【GM-D】:どういうところを探す?
【乾】:明仁の部屋及び日頃『あまり近づかないように』といわれてる場所があれば其処に
【GM-D】:明仁の部屋とその奥に繋がっている研究室になりそうかな、そうなると
【GM-D】:藍も一緒に探索しようとするけど、そっちには何も言わない?
【乾】:『故人の思い出に関わるので出来れば遠慮して欲しい』位は言います。仕事だ、というならそれ以上は言わぬ
【GM-D】:そういうなら藍は下がるね
【GM-D】:では、知覚ジャッジ
【乾】:眼鏡で+3.プラーナも5点入れる
【乾】(ダイス):ころころ... 2D6+15: 2D6: (1, 6) = 7 = 22
【乾】(ダイス):ころころ... 2D6+25 C: 2D6: (2, 2) = 4 = 29
【乾】:29で
【GM-D】:・研究資料が無い
【GM-D】:本当に綺麗にない、不自然なぐらい
【GM-D】:デスクトップの中は当たり障りの無いもの、履歴も保存しないように設定されている
【GM-D】:ただ、引き出しの中の一部がぽっかり空いている。
【GM-D】:ここにメディアなり、HDDなりがあったと考えてもおかしくないと推測された
【乾】:ふむぃ。開いたスペースに埃積もってる?
【GM-D】:積もっていない
【GM-D】:本来此処に何かあるべきものが無い、そんな感じが見受けられる
【GM-D】:そしてふと見たシュレッダー
【GM-D】:その脇にある裁断済みの紙の一部が妙に気になった
【乾】:「……?」取り出してみます
【GM-D】:ささらのようにバラけた紙、それを崩さないように取り出してみて
【GM-D】:どうやらプリントアウトを失敗した紙をシュレッダーに描けたものらしい
【乾】:「ジグゾーパズルの真似事、か」
【GM-D】:少し繋げてみるといくつかの文字が読み取れる
【GM-D】:「セーフハウ」 「掴ん」 「場所は」
【乾】:「セーフハウス?……掴んだ、か……場所は」其れを示すような文字は有ります?
【GM-D】:三行ほどの文章、一行開けて、そして次の行に移った辺りで文字の下半分が切れている
【GM-D】:プリントミスを起こした証拠だ
【乾】:「……(==」上半分から読み取れません?
【GM-D】:バラバラ担ったのを組み合わせてから、だね。それは
【乾】:……連絡が来るまで組み立てよう。うん(死
【GM-D】: 
【GM-D】: 
【GM-D】: 場所:夢の中 登場PC:杏
【GM-D】:  
【GM-D】: 
【GM-D】:ここは夢の中、杏のいつもの遊び場
【GM-D】:DHAの人間を探すことは難くなく、感じ取ろうとすれば勝手に湧き出てくる。夢なんてそんなものだ
【GM-D】:視界の端から人のイメージ、印象がやってくる
【杏】:「あ、やっほー!」ぶんぶんと手を振って駆け寄る
【GM-D】:?「やあ」人のイメージから声がする
【杏】:「頼みがあるんだ、偉い人!」
【GM-D】:?「はい、偉い人は頼まれてしまうよ。何かな?」
【杏】:「実は調べ物をしたいんだ」
【杏】:「うちの隊長の望月明仁さんと娘の理朱ちゃんについて。一刻を争うんだよっ」
【GM-D】:?「その二人について何を聞きたいんだい?パンツの色というわけじゃないだろう?}
【杏】:「そんなのいらないよっ! 二人の過去……かな」
【GM-D】:?「過去・・・ねえ」
【GM-D】:?「そりゃ時間がかかりそうだ。今すぐじゃないと駄目かい?」
【杏】:「う、うー……」
【杏】:「ど、どれくらいかかるっ?」
【GM-D】:?「そうだねえ、次に君が夢を見たときにしようか。何分こちらも忙しくてね」
【GM-D】:?「しかし、杏ちゃん」人のイメージは言葉を続ける
【杏】:「にー?」
【GM-D】:?「起きたら玄関横の郵便受けを見てごらん、楽しいものがあるから」
【杏】:「らじゃった!」
【杏】:びしっ
【GM-D】:?「それじゃ、また」
【GM-D】:そういってイメージは遠ざかっていく
【杏】:「ああっ! 今回は手早いー!?」フェードアウト
【GM-D】:苺が夢から覚める、どんな夢を見たか覚えていないが・・・
【杏】:「にぅ……」ぽーーー
【GM-D】:苺の朝の仕事は新聞を取りに行くことと、ゴミを出しに行くこと・・・時刻はまだ早いが
【杏】:「新聞……新聞……ぎうにう……ぎうにう……」のそのそと起きあがってパジャマのままで
【GM-D】:玄関を出たところの門柱に備え付けてある郵便受け
【GM-D】:新聞をすっと抜くと
【GM-D】:小さくリボンが添えられた花、カーネーションのようにみえる
【GM-D】:それが小さく一輪置かれていた
【杏】:「……に?」見る
【GM-D】:薄檸檬色のリボンに赤いカーネーションが映え、まるでそれは苺に捧げられた宝石のように朝の空気が染みて
【杏】:手に取ってみる
【GM-D】:誰が置いたとも知れないそれは手にとられると朝の光を含んで優しく佇む
【GM-D】:母親「苺ちゃーん?どうかしたのー?」家の中から母親の声が
【杏】:「なんでもなーいっ」
【杏】:そのまま新聞とぎゅうにゅーとカーネーションを持って家に入る
【GM-D】: 
【GM-D】: 
【GM-D】:・事件発生二日目
【GM-D】: 
【GM-D】: 
【GM-D】: 場所:アイゼンレーヴェ本部  登場PC:乾
【GM-D】:乾が夜を徹してシュレッダーにかけられた書類を繋ぎ合わせて・・・
【GM-D】:リリーや紗枝さん、サリも含めて手伝える人間が総動員となって
【リリー】:更にはリリーが零したお茶を、《式神》が身を挺してシュレッダーから護り・・・
【GM-D】:セロテープでつなぎ合わされた書類が一同の目の前に出来上がった
【GM-D】:数枚の印刷ミスを重ねた書類に書かれた文面は
【GM-D】:3箇所ほどの住所がリストアップされた羅列
【GM-D】:そして
【GM-D】:「セーフハウスとして君達が確保してある場所は殆どこちらが掴んでいる。以下の場所に全て送っておいたこれを見ている今、君達の居場所は何処にも無い。これだけは言っておこう、アイゼンレーヴェは君達の一切を許しはしない。楽しみに待っているがいい」
【GM-D】:通し番号からみてこれが一枚目、住所が書かれているほうが二枚目と思われる
【GM-D】:そんな内容が望月明仁の名前で印刷されていた
【乾】:「……オッサン……?」訝しげな表情で
【GM-D】:そして、同じくシュレッダーにかけられ張り合わされた書類。これは協会から送られたものらしいが
【GM-D】:チーム「リベレーター」に関する活動報告と登録されている個人情報
【GM-D】:サリ「・・・・どういうことだ、これは」訝しげな顔をし
【乾】:「……脅迫状……いや、宣戦布告か?」
【リリー】:「明仁サンハ、リベレータート敵対シテイタンデショウカ…?」
【乾】:「チーム名を出してた以上俺達にも関わってる事、だと思うんだが……」
【紗枝】:「ですが、乾さん・・・。私はリベレーターに関する情報も、そしてこの文章についても存じ上げないんですが・・・」
【乾】:「俺もだ……オッサンが内緒で調べてたのか?」
【GM-D】:サリ「そう考えるのが妥当だろうな、だが尋ねるが彼はそんなことをする人間だったのか?」
【リリー】:「明仁サンガ亡クナッテイル以上、理由ヲ考エテモ答エハデナイト思イマス」真面目な顔
【乾】:「……だな。必要なのはコイツが本当にリベレーターの情報なのか。そして」
【乾】:「そいつらがオッサンを手に掛けて、理朱を攫ったのか、だ」
【リリー】:「真偽ハハッキリシマセンガ、現状彼ラガ第一容疑者デス」
【リリー】:「ソシテ彼ラハ、マダコノセーフハウスニイル可能性ガ高イ……リリー達ガ取ル行動ハ、自ズト絞ラレマス」
【藍】:「おはよう、皆」手に紙を持って入ってくる
【乾】:「だな。行動は決まった……ん?」
【リリー】:「乾サン、命令ヲ。リリーニ『仇ヲ取レ』トイウ命令ヲ下サ……空気読ンデ下サイ(ぼそ」
【藍】:「今朝方協会からの賞金首の目撃情報だ。昨晩、賞金首「リベレーター」と思われる二人の賞金額が上がった」
【乾】:「目撃情報って事は場所は?」
【藍】:「賞金首「リベレーター」が民家に押し入って一家を殺害。生存者は0」
【藍】:「民家の場所は●●−3の●●」書類にリストアップされた場所からそれほど遠くない場所
【リリー】:「ソコダト……コノセーフハウスガ近イデスネ」
【乾】:「……金銭その他奪われた物は」
【藍】:「まだ不明だが箪笥などを荒らされた形跡は無いそうだ。殺しを楽しんでいると見える」
【乾】:「……そうか」一度目を閉じて
【リリー】:「乾サン、犯人カドウカハ置イテモ、コレ以上彼ラノ被害者ヲ増ヤスワケニハイカナイノデハナイデショウカ」
【藍】:「途中でハンターチームが撃退に当たったが、全員負傷。彼らは黒い車で逃走、と・・・どうした?」>乾
【乾】:「……ああ。俺達はナイトウィザードだ。どちらにしても……止めるぞ、リリー」
【リリー】:「ハイ、乾サン!!」首元から蒸気を吹きながら返事
【乾】:「逃走か……逃走先までは掴めているか?」
【藍】:「いや、追跡できる人間は居なかったようだ。逃走した、というところで情報は締めくくられている」
【乾】:「判った。ならセーフハウス周辺で目撃情報の調査。集合後に叩く。良いな」眼鏡の奥で一度瞑目。吹っ切るように
【藍】:そこで、リリーの0-Phoneが鳴る
【リリー】:「着信ヲ確認、誰カラデショウ?」着信データを参照する
【GM-D】:霊華と、着信相手には出ている
【リリー】:「ぴっ)ハイ、コチラリリーデス」アンテナピコピコ
【GM-D】:霊華「おはよう、リリー君。昨日の話なんだがいいかな」
【リリー】:「オハヨウゴザイマス。構イマセンガ、デキルダケ手短ニオ願イシマス」
【GM-D】:霊華「了解、昨日あれから仲間に聞いたんだが犯行時刻と思わしき時間に君の家の近くを走る黒い車を見たって言うんだ」
【GM-D】:霊華「この辺の家の人間の車ならしょっちゅう見ているから覚えているがそれとは違うから気になった、って」
【GM-D】:霊華「ひょっとしたら犯人の車かもしれない」
【リリー】:「……アリガトウゴザイマス、容疑者ガ犯人ニクラスアップシマシタ」
【リリー】:ぺこり
【GM-D】:霊華「・・・それは良かった。後これはボクが個人的に気になったんだが」
【GM-D】:霊華「君のところの理朱ちゃんだが・・・」
【GM-D】:霊華「彼女と思しき人間が夕方前に一人で歩いているのを見た、という人間が居るんだよ」
【リリー】:「理朱サンガ見ツカッタンデスカ!?」早とちり
【GM-D】:霊華「いやいや、事件当日の夕方前だよ」
【リリー】:「ドコデデ…エ、夕方ニ?」
【GM-D】:霊華「そう、遠出をして調達をしていた友人が見た、と。これの真偽はわからないけど、なんだか胸騒ぎがするから伝えておこうと思ったんだ」
【リリー】:「……ドンナ格好ダッタカハ、分カリマスカ?」
【GM-D】:霊華「あー、そこまでは。だけど、パジャマのままとか、傷だらけとか異常と思う格好じゃなかったとは思うよ。
【GM-D】:霊華「そうだったら友人はそう話すだろうし。普通に、歩いていた、と彼はいったんだ」
【リリー】:「ソウデスカ……教エテクレテ、アリガトウゴザイマス。理朱サンヲ助ケタラ、皆デ炊出シニ行キマスネ」安堵した声
【GM-D】:霊華「楽しみに待ってるよ」そういって電話は切れる
【リリー】:「乾サン、理朱サンノ目撃情報デス。デスケド夕方頃ダソウデスカラ、事件トハアマリ関係ナイカト」
【乾】:「判った……一旦置いておくぞ」目を向けず
【リリー】:「ハイ、マズハリベレーターデス。晶サント杏サンニ連絡ヲ……コノ時間ダト、苺サンデスネ」珍しい思案顔
【乾】:「猫の手も借りたい状況だ。俺が迎えに行く」
【リリー】:「イエ、リリーニ考エガアリマス」そう言って水筒を取り出す
【リリー】:「適当ナ理由で、睡眠薬入リノ飲ミ物ヲ飲ンデ貰イマショウ」黒リリー
【乾】:「……手段は任す」
【リリー】:「ソレジャア、晶サンノ方ハオ願イシマス。現地デ集合シマショウ」ぺこり
【紗枝】:「お気をつけて・・・」心配そうに二人を見
【GM-D】:サリ「乾殿、私はどうすればいいか」真剣な面持ちで>乾
【乾】:「……警察に理朱の保護を頼んでくれ」顔向けず
【乾】:「協会にも頼む」
【乾】:今回得た情報は協会にも流して起きますー
【GM-D】:サリ「あい判った。万が一犯人がここに舞い戻ったときは全力で守らせてもらう故」


  場所:セーフハウス近く  登場PC:全員
【GM-D】:貸しビルの屋上、ペントハウスらしき建物がそのセーフハウスだと入手した情報には欠かれている
【GM-D】:そのビルの入り口が見えるところに一同は集った
【晶】:「やれやれ、中々良い場所じゃない? ……どうしかける?」
【杏】:「……ふぁぁ」まだ眠そう
【リリー】:「通常手段デノ逃走経路ガ限ラレル以上、強襲スルノガ良イト思イマスガ……苺サン、眠ソウデスネ。眠気覚マシニドウゾ」また睡眠薬入り(ぁ
【GM-D】:車は見当たらない。貸しビルの横が貸しビルの駐車場になっているが郵便受けから判別するに屋上の人間の箇所に車はない
【リリー】:「車ガ見当タリマセンネ……途中デ乗リ捨テタンデショウカ?」
【乾】:「若しくは現在ここにはいないか、か」
【乾】:「……警戒しつつ突入。標的がいないなら調査する」
【晶】:「何か証拠の一つでもあれば良いんだけれどにゃ〜」
【リリー】:「了解デス」
【リリー】:非常階段から屋上にはいけます?
【杏】:「しかし急展開だね」
【GM-D】:非常階段の扉は鍵が掛かっていて普段は入れないように・・・なっているが
【GM-D】:鍵は壊されて、入れるようになっている
【晶】:「そこは仕方な…ん〜? 先客かにゃ〜?」
【乾】:「若しくは此処から出入りしてるか……ともあれ。行くぞ」
【リリー】:じゃ、このタイミングで腕と装甲換装しとこう(月衣から盾と鎧を取り出して装備
【杏】:「……りょーかい」
【晶】:じゃあこっちも一応着替えよう。戦闘スタイルに。 車の中で。
【GM-D】:では階段を上がっていくとカンカンと乾いた音がして
【GM-D】:ビルの日陰になる非常階段を登っていく
【リリー】:「がしん、がきん)……イツデモイケマス」
【乾】:「……(じゃこん」サングラスに表情隠して黒いコート翻し
【GM-D】:6階分の階段を登ると開けた場所にそしてその屋上の4分の1ほどの面積を占めるように家が
【杏】:「……なにこれ」
【晶】:「ほほー、こりゃ結構大きいねぇ。 ……セーフハウスって隠れ家って意味だと思ってたんだけど、こんなに大きくていいのかにゃ〜」
【リリー】:「……漫画ニコンナBARガアリマシタヨネ?」
【乾】:「……突入するぞ」家の前まで言って気配探り、かしら
【GM-D】:中から気配はしないようで
【GM-D】:物音もなく町の喧騒だけがはるか下界から
【晶】:「……どうだい? 突入かな?」 そっと近寄って小声で
【リリー】:「(行キマスカ?)」小声
【乾】:「……ああ」じゃあ扉を開けるかな
【リリー】:「フリーズッ!!(じゃこん」腕を構えて中へ
【杏】:「ドキドキする……」
【GM-D】:中を見るとリビングらしい板張りの建物に、奥に見える部屋のドアは開いていて
【GM-D】:奥の部屋は寝室か、ベッドが見える
【GM-D】:あまり物が無い印象を受けるが何とはなしに雑然とした印象を受ける
【GM-D】:リビングのテーブルの上には紙や手紙等が見え
【GM-D】:やはり中から人の気配はしない
【杏】:「……いない……?」
【リリー】:「……戦闘モードニ移行シマス」《アームドシェル》
【晶】:「手紙……? ふむふむ?」 拾い上げて確認
【乾】:「……まずは調査か」奥の寝室に向かいます
【GM-D】:協会からの通告書や手配書、電気代納入の用紙に紛れて、明仁が出した手紙も混じっているようだ
【GM-D】:奥の寝室はベッドと小さなテーブルだけ、テーブルにはグラスと酒瓶が
【乾】:繋ぎ合わせたものと同じのかしら
【GM-D】:同じです
【杏】:「……ここは留守なのかな」
【リリー】:隠れてないか、知覚できません?
【GM-D】:どうぞ
【リリー】(ダイス):ころころ... 2D6+11: 2D6: (6, 3) = 9 = 20
【乾】:じゃあこっちは寝室を
【乾】(ダイス):ころころ... 2D6+10: 2D6: (3, 6) = 9 = 19
【リリー】:クリティカルではなかったですね
【GM-D】:家の中には誰も隠れていないと思いました、が
【GM-D】:リリーは外のコンクリートの上を誰かが歩いている音に気が付きました
【リリー】:「ピク)…外デス!!!」そっちの壁を《ブラッド・ブレッド》で吹き飛ばしてやる
【晶】:「わわわっ」 一応隠密を
【乾】:こちらも飛び出して銃を構える
【杏】:「えええっ!」わたわた
【GM-D】:玄関の壁がこなごなになり、煙が立ち込めて
【リリー】:さ、隠密する人は、この煙に紛れて(ぉ
【GM-D】:風通しが良くなった家の外に見えるのは
【GM-D】:女性の声「酷いわね、今日特売だったのに・・」
【GM-D】:地面に落ちて穴だらけになり内容物をこぼしている缶詰や、虫食い以上の穴が開いたリンゴなど
【GM-D】:それらがはいった紙袋が無残な姿を晒している
【GM-D】:膝丈ぐらいまであるダウンジャケットを着ている女性に、皮ジャケットを着ている男性
【GM-D】:男性「・・・・誰だ」
【リリー】:「アイゼンレーヴェ所属、ゼロポインター、リリー・グラジオラスデス」煙から一歩進み出る
【杏】:「ひ、ヒーローだ!」
【乾】:「……ハンターチーム"アイゼンレーヴェ"」双銃手に
【GM-D】:女性「アイゼンレーヴェ・・・・何?敵討ち?」
【GM-D】:煙が晴れた頃二人の顔がはっきりと見て取れる
【GM-D】:登録されている「リベレーター」の二人、エリノアとクリスと判明する
【晶】:「……そこでみんな自己紹介してるとボクが隠れてるのが馬鹿みたいじゃないかぁ」 ばつの悪そうな顔して出てくる
【リリー】:隠れてて不意うってもよかったのにw
【晶】:不意撃てるだけの攻撃力無いんだよ(ぉ
【乾】:「……一般人を含む殺害その他の罪でお前達を捕縛する」一瞬だけ銃を握る手に力が篭る
【GM-D】:エリノア「はいはい、かかってらっしゃい。言っておくけどお姉さんは強いわよ?」ジャケットを脱ぎ
【GM-D】:下からは真紅のパーティードレスが露になる
【杏】:「……どこから帰ってきたんだろう」
【晶】:「普段着でしょ?」
【GM-D】:クリス「・・・いつもあの格好だ」月衣から布に詰まれた大型の十字架の形をしたものを出し、背中に背負い
【杏】:「普段着があれ、ええっ!?」驚くスク水少女
【乾】:「……一つだけ聞かせろ。アイゼンレーヴェを襲撃した時に家にいた17歳くらいの少女をどうした」
【GM-D】:エリノア「・・・居たっけ?」クリスのほうに向き直り
【GM-D】:クリス「・・・覚えていないな」
【乾】:嘲弄や何らかの虚偽に見えます?
【GM-D】:エリノア「ゴメン、隊長さん殺したのは覚えてるけど後は知らない」にこっと笑い
【リリー】:「今後ノ懸案ガ増エマシタガ、今ハ……」
【GM-D】:嘲りの色は無く、試す様子も見えない。おそらく事実を言ってるのだと思われる
【晶】:「どうにも変だねぇ…… 何でまた突然キミ達はこんな事をしでかしたんだい?」
【乾】:「そうか。なら良い。止めるだけだ」眼鏡で表情は見えず
【リリー】:「貴方達ヲ捕縛シテ、ゴ近所ノ平和ヲ護リマス」無表情に腕を伸ばす
【晶】:「あ、ひょっとしてそういう事気になってるのボクだけだったり?」
【GM-D】:エリノア「それが私たちの役目。そうしなければ、いけないの」>晶
【杏】:「とにかく、ここであったが百年目だっ」
【GM-D】:クリス「・・・、予感、神託とも言える」
【GM-D】:エリノア「はい、いらっしゃい。私たちはこの世の全てを殺しつくすまで止まれないからさ」>ALL
【晶】:「……参ったね。 ……こいつも件の組織とやらと関係あるのかなぁ」 がしがしと頭を掻いて
【GM-D】:クリス「・・・行くぞ」
【乾】:「……」一度瞑目「ミッションスタート」紋章のある背中に薄く光の翼のようなものが見えて

  
  ●クライマックスフェイズ
【GM-D】:リベレーターの両者ともに銃を抜き出し
【GM-D】:一同に向かって構えを取る
【GM-D】:PCたちはI列以降好きなところへ配置してください
【GM-D】:では行動値ジャッジ
【乾】:INI12から
【乾】(ダイス):ころころ... 2D6+12: 2D6: (6, 4) = 10 = 22
【乾】:22
【杏】:プラーナ3消費
【杏】(ダイス):ころころ...! 2D6+11: 2D6: (4, 6) = 10 = 21
【杏】:21
【リリー】:闘気とプラーナ全開で、14スタート
【リリー】(ダイス):ころころ... 2D6+14: 2D6: (5, 6) = 11 = 25
【リリー】:ぱりーんっ!!!!
【晶】:り、リリー!?w
【リリー】:石割れたぁっ!!!(爆
【乾】:いきなりか(死
【杏】:いきなりかーっ
【GM-D】:通常行動で買い物即調達はできますので悪しからず(けふん
【リリー】:10じゃないから大丈夫だと思ったんですけどねぇw
【晶】(ダイス):ころころ... 2D6+8: 2D6: (6, 1) = 7 = 15
【晶】(ダイス):ころころ... 2D6+8+10: 2D6: (4, 2) = 6 = 24
【GM-D】:エリノア プラーナ8点使用
     クリス  プラーナ16点使用
【晶】(ダイス):ころころ... 2D6+10: 2D6: (2, 4) = 6 = 16
【GM-D】(ダイス):ころころ... 2D6+19: 2D6: (3, 4) = 7 = 26
【GM-D】(ダイス):ころころ... 2D6+22: 2D6: (4, 5) = 9 = 31
【晶】:ストーム・ラン欲しい人居る?
【乾】:自分に使って急いで識別が欲しいかも。後
【晶】:OK。 識別するよー
【晶】:ストームラン自分に
【リリー】:ま、殴られても一撃くらい平気に作ってあるし、《アームドシェル》は敵の後で良いか
【GM-D】:ああ、アームドシェルは継続でOKですよー

【GM-D】:31 クリス
【GM-D】:《啓示》宣言
【GM-D】:クリスの額から輝く刻印、それはその場を祝福し

【GM-D】:29 晶、リリー
【リリー】:晶の行動待つか、28まで待機
【晶】:識別します。 プラーナどうしようか……
【晶】:ピグマリオン効きます?
【GM-D】:有効です
【晶】:んー……プラーナ3つ
【晶】(ダイス):ころころ... 2D6+10+3+3: 2D6: (5, 1) = 6 = 22
【晶】:エリノア識別です
【GM-D】:識別失敗です
【リリー】:……相手の知力が12として、6レベルか

【GM-D】:28 リリーどうぞ
【リリー】:でも、絶対そこまで知力ないよなぁ……何レベルなんだこいつら(==;
【リリー】:固まった状態で攻撃食らうわけにはいかないし、一歩前に出て……援護入ってるであろうクリスに《ブラッド・ブレッド》
【リリー】:超対抗で《スタイル・チェンジ》命中に闘気5点
【リリー】:「ポイント……ショット!!」
【リリー】(ダイス):ころころ... 2D6+19: 2D6: (3, 3) = 6 = 25
【GM-D】:対抗で《後光》
【GM-D】:精神でジャッジしてください
【リリー】:ははははは!! トゥルー地で《アームドシェル》した人造人間に精神ジャッジを挑むとは…愚の骨頂!!
【リリー】:《アームドシェル》3で、4点ブースト、16点スタートの…
【GM-D】:プラーナ4点使用
【GM-D】(ダイス):ころころ... 2D6+14: 2D6: (6, 2) = 8 = 22
【リリー】:何か使いましたよこの人!!w
【リリー】(ダイス):ころころ... 2D6+16: 2D6: (3, 5) = 8 = 24
【GM-D】:いえいえ、こちらは信仰心でジャッジです
【リリー】:く・り・てぃ・か・る♪
【GM-D】:目標値は22で、達成地は24ですので失敗
【GM-D】:クリスの銃弾はブラッドブレッドを捉えきれず・・・
【リリー】:プラーナ7点使用
【リリー】(ダイス):ころころ... 2D6+32: 2D6: (4, 5) = 9 = 41
【リリー】:回らんか…41点の地物理
【GM-D】(ダイス):ころころ... 2D6+12: 2D6: (4, 1) = 5 = 17
【GM-D】(ダイス):ころころ... 2D6+22: 2D6: (4, 5) = 9 = 31
【GM-D】:10点通りました
【GM-D】:弾丸は肩に食い込み、血が噴出し
【リリー】:「投降スルナラ、命マデハトリマセン」

【GM-D】:26 エリノア
【GM-D】:クリス「・・・・そのつもりはない」
【GM-D】:エリノアが両手の拳銃を構えて
【GM-D】:リリーを狙う
【GM-D】:エリノア「これはお返し♪」
【GM-D】(ダイス):ころころ... 2D6+14: 2D6: (2, 2) = 4 = 18
【リリー】:超対抗で《スタイル・チェンジ》回避に闘気を5点
【リリー】:クリスタルシールドで受けを試みます
【リリー】:9+5+4の18スタート
【リリー】(ダイス):ころころ... 2D6+18: 2D6: (6, 3) = 9 = 27
【リリー】:受けました、ダメージを下さい
【GM-D】:超対抗《生命の刃》7点消費宣言
【リリー】:魔剣使い、いや魔銃使いか…!
【GM-D】(ダイス):ころころ... 2D6+59: 2D6: (6, 5) = 11 = 70
【リリー】:なんだそのダメージ!!
【リリー】:しーるどぷりーずっ!?
【GM-D】:70点の物理です
【乾】:フォースシールド+10
【リリー】(ダイス):ころころ... 2D6+49: 2D6: (3, 3) = 6 = 55
【乾】:「っ!!」右手の銃で少しでも威力を減じる
【リリー】:両腕を眼前に掲げて銃弾を受け止める!
【GM-D】:ガインっ、という鈍い音がしてエリノアが驚いた顔を浮かべる
【リリー】:物理なら、そう簡単に倒れはしない!
【GM-D】:エリノア「嘘でしょう・・?」
【リリー】:15点食らって、残り38点です

【GM-D】:22 乾
【晶】:「さっすがリリー、やるぅ♪」
【杏】:「リリー平気っ!?」
【リリー】:「リリーハ、強襲用ノ人造人間デス。ソウ簡単ニ倒レル様ナ柔ナ造リハシテマセン!!」
【リリー】:掲げた腕を広げ、腰だめに構える
【乾】:一歩前進。クリスに識別を掛ける
【乾】:P9で
【乾】(ダイス):ころころ... 2D6+20: 2D6: (1, 1) = 2 = 22
【GM-D】:成功、裏に張ります

【GM-D】:16 式神
【晶】:13まで待機です。

【GM-D】:14 杏
【杏】:1まで遅らせる

【GM-D】:13 式神
【晶】:では、式神も1まで遅らせます

【GM-D】:11 クリス
【GM-D】:1まで待機

【GM-D】:9 晶
【晶】:5まで待機……するのか…? しておくか

【GM-D】:8 リリー
【リリー】:1まで待機……しとくか、《スタイル・チェンジ》できなくなるの怖いし

【GM-D】:6 エリノア
【GM-D】:1まで待機

【GM-D】:5 晶
【晶】:では1まで待機で

【GM-D】:2 乾
【乾】:1まで待機

【GM-D】:1 エリノア、クリス 晶 式神 リリー 杏 乾
【GM-D】:エリノア、一歩進んで
【GM-D】:乾に両手に持ったベレッタで射撃
【GM-D】(ダイス):ころころ... 2D6+14: 2D6: (6, 5) = 11 = 25
【リリー】:さっき使ったのと同じ銃?
【乾】:んー、P15で回避
【乾】(ダイス):ころころ... 2D6+24: 2D6: (3, 3) = 6 = 30
【乾】:「……当たるかよ」
【GM-D】:晶 式神 リリー 杏 乾 どうぞ
【晶】:トップだれだっけ?(式神10 晶8
【リリー】:最初に行かせて貰っていいかな?
【乾】:どぞ
【リリー】:んじゃ、引き続きクリスに射撃ー
【リリー】:超対抗で《ブラッド・ブレッド》
【リリー】:命中14で射撃
【リリー】(ダイス):ころころ... 2D6+14: 2D6: (5, 4) = 9 = 23
【リリー】:9しかでないな、さっきから…w
【リリー】:23点の当たり目
【GM-D】:《後光》宣言
【GM-D】:精神でジャッジお願いします
【リリー】:あいさ
【GM-D】:プラーナ5点消費
【GM-D】(ダイス):ころころ... 2D6+15: 2D6: (5, 3) = 8 = 23
【リリー】:プラーナは……
【リリー】:…使わん、いったれ!!
【リリー】(ダイス):ころころ... 2D6+16: 2D6: (5, 6) = 11 = 27
【リリー】:割るものがない!!!
【リリー】:終了!!!
【リリー】:……(ぷるぷるぷるぷる
【GM-D】:攻撃対象をリリーに変更します
【リリー】:《スタイル・チェンジ》で防御に5点
【リリー】(ダイス):ころころ... 2D6+25: 2D6: (4, 3) = 7 = 32
【リリー】(ダイス):ころころ... 2D6+34: 2D6: (3, 1) = 4 = 38
【リリー】:「コンナ時ニ、ジャムデスカ!?」弾詰まった
【晶】:一歩進んでH4に。 クリス対象で《タンブリング・ダウン》!
【晶】:プラーナ全開放っ
【晶】(ダイス):ころころ... 2D6+26+10: 2D6: (4, 2) = 6 = 42
【晶】:ち、回らなかったか……っ
【GM-D】:プラーナ6点使用
【GM-D】(ダイス):ころころ... 2D6+32: 2D6: (1, 3) = 4 = 36
【GM-D】:転倒しました
【晶】:まず一人っ
【GM-D】:クリス「・・・うぬっ」どた
【晶】:ついで《多重発動》《タンブリングダウン》、対象エリノア
【晶】:プラーナは……5でいいか。 そろそろキツい
【晶】(ダイス):ころころ... 2D6+26+5: 2D6: (5, 3) = 8 = 39
【GM-D】:プラーナ全解放8点
【GM-D】(ダイス):ころころ... 2D6+23: 2D6: (6, 5) = 11 = 34
【GM-D】:エリノア「・・・きゃあぁ!」
【晶】:「連符・戒めの檻! …にゃぁんてね♪」
【リリー】:やたっ、二人してこけた!
【乾】:此れで次のラウンドが楽にー
【リリー】:行動値も半分ですからね
【乾】:「霊素収束/紋章開放(エーテルドライバ/サーキットオン)……全力だ。受け取れっ!!」一歩進んで《光の刃》>クリス
【乾】(ダイス):ころころ... 2D6+17 P4: 2D6: (3, 6) = 9 = 26
【乾】:命中26から
【GM-D】(ダイス):ころころ... 2D6+5: 2D6: (6, 1) = 7 = 12
【乾】:紋章から放出されたプラーナが翼のように展開。直後銃に収束
【乾】:ダメージ出します
【乾】(ダイス):ころころ... 2D6+67 P15: 2D6: (5, 6) = 11 = 78
【乾】:78点の魔法/天属性
【GM-D】:プラーナ全開16点
【GM-D】(ダイス):ころころ... 2D6+13+16: 2D6: (1, 6) = 7 = 36
【GM-D】:42点ダメージ
【GM-D】:クリス「っ・・・、お前だけは殺す」
【GM-D】:それで重傷値
【乾】:「……生きてるか」冷たく見下ろし
【リリー】:「マズ一人デスネ!!」
【杏】:まあ杏動いちゃうね、攻撃しないし
【杏】:H4に移動して終わり
【晶】:式神ー。 H4移動。 終わりでー

【GM-D】:行動ジャッジどうぞ
【杏】:プラーナ3点消費〜
【杏】(ダイス):ころころ...! 2D6+11: 2D6: (2, 6) = 8 = 19
【晶】(ダイス):ころころ... 2D6+8: 2D6: (2, 4) = 6 = 14
【晶】(ダイス):ころころ... 2D6+10: 2D6: (2, 4) = 6 = 16
【晶】:14の式神16か
【リリー】:プラーナ7点消費の、超対抗で《スタイル・チェンジ》in行動力
【リリー】(ダイス):ころころ... 2D6+18: 2D6: (2, 4) = 6 = 24
【乾】:んー、P5で
【乾】(ダイス):ころころ... 2D6+17 P5: 2D6: (1, 5) = 6 = 23
【GM-D】:プラーナ8点消費
【GM-D】(ダイス):ころころ... 2D6+18: 2D6: (5, 5) = 10 = 28
【GM-D】:ファンブル
【リリー】:相方倒れて動揺したかw
【乾】:因みにエレノアも転倒中よね
【GM-D】:転倒してます
【GM-D】:啓示で行動値が20なので半分で10です
【GM-D】:「あはは、ギリギリってやつぅ?」額に汗をにじませて
【リリー】:行動不能の方がいっそ楽に死ねたかもしれないがな…(ぼそ

【GM-D】:24 リリー
【リリー】:「投降ハ……シマセンヨネ?」
【リリー】:小首を傾げて聞く
【GM-D】:「・・・」膝を突いたまま銃を七面鳥撃ちに構え
【リリー】:「投降ノ意志ガアルナラ、武器ヲ捨テテ両手ヲ上ゲテクダサイ」
【リリー】:カウントを22まで落とす(ぉ

【GM-D】:23 乾
【乾】:「……警告は一度で十分だよな?」《神罰代行》>エレノア
【乾】(ダイス):ころころ... 2D6+13: 2D6: (2, 6) = 8 = 21
【GM-D】:P8点解放
【GM-D】:受け宣言
【GM-D】(ダイス):ころころ... 2D6+20: 2D6: (3, 1) = 4 = 24
【GM-D】:受け成功、ダメージをどうぞ
【乾】(ダイス):ころころ... 2D6+26: 2D6: (5, 6) = 11 = 37
【乾】:37点の魔法/天
【GM-D】(ダイス):ころころ... 2D6+10: 2D6: (3, 3) = 6 = 16
【GM-D】:21点貫通
【GM-D】:銃弾をその身に受けながらなおも立とうとしているエリノア
【GM-D】:22 リリー
【乾】:貫通したら防御抗魔-5.月衣の結界を削り取って
【リリー】:「9…8…7…」
【GM-D】:エリノア「っ・・!殺してやる、殺してやる、殺してやる・・・」
【リリー】:「210。タイムアウトデス」

【GM-D】:22 リリー
【リリー】:《ブラッド・ブレッド》で攻撃
【リリー】:対抗はなし
【リリー】(ダイス):ころころ... 2D6+14: 2D6: (1, 1) = 2 = 16
【リリー】:…ここに来て
【GM-D】:受け宣言
【GM-D】(ダイス):ころころ... 2D6+12: 2D6: (3, 6) = 9 = 21
【GM-D】:ダメージをどうぞ
【リリー】:魔剣使いに受けられたかー…
【リリー】:……だが突貫!!
【杏】:がんばっ
【リリー】:プラーナ7点、《スタイル・チェンジ》で攻撃力に5点全部!
【乾】:半減の上でさらに-5だしそれなりに効く…はずっ
【リリー】:37点スタートの…
【リリー】(ダイス):ころころ... 2D6+37: 2D6: (2, 1) = 3 = 40
【リリー】:腐ってるな、このダイス…
【リリー】:地の物理の40点
【GM-D】:P8点
【GM-D】(ダイス):ころころ... 2D6+17: 2D6: (1, 5) = 6 = 23
【GM-D】:17点貫通
【リリー】:クリティカル→ファンブル→低い出目、だからここからは出目がよくなるはず…!
【GM-D】:エリノアの紅いドレスが本当に真紅に染まって長い裾を地面にまで垂らしていく

【GM-D】:19 杏
【杏】:7まで遅らせる

【GM-D】:16 式神
【晶】:待機。 1まで。 同じく晶も1まで待機。 ううむw

【GM-D】:8 エリノア
【GM-D】:起き上がって1まで待機

【GM-D】:7 杏
【杏】:7の杏も1まで遅らせる

【GM-D】:3 乾
【乾】:1まで待機

【GM-D】:2 リリー
【リリー】:待機

【GM-D】:1 乾 晶 杏 リリー エリノア
【乾】:《光の刃》>エリノア
【乾】(ダイス):ころころ... 2D6+13: 2D6: (5, 5) = 10 = 23
【乾】:23で当たりかけ
【GM-D】:受け宣言
【GM-D】(ダイス):ころころ... 2D6+25: 2D6: (6, 1) = 7 = 32
【GM-D】:受け成功、ダメージどうぞ
【乾】(ダイス):ころころ... 2D6+52: 2D6: (2, 1) = 3 = 55
【乾】:55点の魔法/天
【GM-D】(ダイス):ころころ... 2D6+21: 2D6: (1, 3) = 4 = 25
【GM-D】:もどい、−5されているから達成地20
【GM-D】:35点貫通
【乾】:0距離から光の槍を無表情に撃ち込んで行く
【GM-D】:エリノア「・・・っ!」確実に心の臓を貫く、がまだ銃を握る力を緩めない
【乾】:「……まだ、やる気かよ」
【杏】:「なんで、続けるのっ」
【晶】:「それだけ……一体何をかけて戦ってるんだい? キミ達」
【GM-D】:エリノア「そうしなければ、存在価値、がない、から、よ」口の端には血泡が溜り零れ落ちる
【乾】:「……くだらねえ」吐き捨て
【GM-D】:エリノア「あなたも時期に判るわよ・・・」
【晶】:「さーて…… どうしたもんかね。 とはいえ、乾っちに怪我させるのもなんだし……」 手に紫色の符を持ち、握りつぶすと一気に燃え上がる
【晶】:《タンブリング・ダウン》使用しますっ プラーナ残り全部っ
【リリー】:「リリーニハワカリマセン」
【杏】:「さっぱりわかんないよっ」
【晶】(ダイス):ころころ... 2D6+26+9: 2D6: (5, 6) = 11 = 46
【晶】:46で
【GM-D】:P8点消費
【GM-D】(ダイス):ころころ... 2D6+29: 2D6: (1, 5) = 6 = 35
【GM-D】:転倒
【晶】:これで終わりで。
【杏】:「リリー、パスっ」>幸福の宝石を手渡す
【杏】:いじょ
【リリー】:「アイゼンレーヴェノ皆ハ、乾サンハ、万年0点デ、H&Kカラ逃ゲ出シタ、リリーニモ優シクシテクレマシタ」
【リリー】:受け取り
【リリー】:「強襲制圧用トシテ開発サレタノニ、何一ツ結果ヲ残セナカッタリリーニモ、ココニ居テイイト言ッテクレマシタ」
【リリー】:「失敗バカリノリリーヲ、優シク見守ッテクレテイマス」
【リリー】:「リリーハ、皆ノ役ニ経
【リリー】:「リリーハ、皆ノ役ニタチタイデス
【リリー】:「ソレガ、今ノリリーノ存在理由……開発時トハ違ウ、自分デ見ツケタ存在理由デス」
【リリー】:「貴女モ、自分ノ存在理由クライ…」照準
【リリー】:「自分デ見ツケテ下サイ!!」射撃
【リリー】:《ブラッド・ブレッド》
【リリー】(ダイス):ころころ... 2D6+14: 2D6: (2, 5) = 7 = 21
【リリー】:命中21
【GM-D】:P8点消費
【GM-D】:回避
【GM-D】(ダイス):ころころ... 2D6+14: 2D6: (5, 4) = 9 = 23
【リリー】:「イイ加減ニ投降シタラドウデスカ!」
【GM-D】:銃弾を寸でのところで致命傷を避けるものの、起き上がる力も殆ど無く
【GM-D】:エリノア「投降、して・・・どうなる、っていう、の」
【リリー】:「恐ラク罪ヲ償ウ機会ヲ得ラレマス」
【リリー】:「犯シタ罪ヲ考慮シテモ、貴女達ノ戦闘能力ハ稀有ナモノデス」
【リリー】:「世界ノ危機ニ対シ、柊蓮司並ミノ頻度デ投入サレル可能性ガアルト思イマス」
【GM-D】:エリノア「私には、もう後、がない、のよ・・・。立ち止まったら、ここで終わり、終わりなの」
【リリー】:「罪ヲ償ウ為ノ戦イハ、立チ止マル事ナノデスカ?」
【GM-D】:エリノア「・・・・。このまま協会に連れていかれて、重い枷をはめて苦しめ、・・・そういいたいの・・?」
【リリー】:「イノセントヲ虐殺スルノガ、貴女達ノシタカッタコトナノデスカ?」
【乾】:「断るってんならその結果はアンタの相棒だけが受け取る。それだけだ。格好つけてんじゃねぇよ『犯罪者』」
【乾】:「其れしかないだの終わりだの知った事か。アンタは罪を犯した。その結果今跪いて死に晒される。それだけだ」
【GM-D】:エリノアが眼を閉じて、ゆっくりと力を抜き銃を地面に落とす
【GM-D】:エリノア「投降するわ・・・」
【晶】:「んじゃ、これでおしまい……なのかな? 戦いは、さ」
【乾】:「……後は協会の仕事だ」連絡取ります
【リリー】:「デハ、引キ続イテ、楽シイ楽シイ尋問ノ時間デスカ?」
【晶】:「そーだねー。 聞きたい事はニ、三あるし?」
【杏】:「う、ん……」
【乾】:「……杏。協会への連絡と協会の人間の出迎えに行って来い」非常階段の方顎でしゃくって
【リリー】:「ドウシマシタ杏サン。今日ハ殺サズニ無力化出来タノニ、浮カナイ顔デスネ?」
【杏】:「あ、はい」
【杏】:「そ、それはそうなんだけど、理朱ちゃん見つかって無いし……」>リリー
【杏】:というわけで、連絡と出迎え行くですよ
【乾】:「……こいつらが関係して無いなら理朱の捜索は警察の仕事だ」
【リリー】:「理朱サンガドウシテイルノカ……ソウ、デスネ。ソノ時ハ、リリーモ頑張ッテ探シマス!」
【晶】:「まー、聞く事は。【1:何故アイゼンレーヴェと敵対する事になったのか】【2:彼を殺した理由は?】【3:屋敷を荒らしたのはキミ達?】【4:キミ達は誰かに作られた、ないし改造された存在なのか?】【男女の対を作る組織と言う存在について知っていることは?】 ……これくらいかな?」
【晶】:「あー、番外。【家捜ししたのがキミ達ならば、何故それをしたのか】 これもか」
【晶】:「いやぁ、謎だらけだね、全く」
【GM-D】:エリノア「・・・。私たちの隠れ家を4つのうち3つも嗅ぎ当てられたから、だから彼の口を封じて私たちに関連する書類を徹底的に捜して回ったの。見つけた書類は別のところで燃やしたわ・・・」
【GM-D】:エリノア「私たちが作られたどうかなんていうのは知らない、けど最近お互いの額と首筋に奇異な文様が浮かぶようになったの・・・」
【GM-D】:エリノア「その辺りからこうするのが私たちの仕事、・・いえ価値みたいに思えてしょうがないの。電波が飛んできたといわれたらそれまでだけどね・・」
【GM-D】:エリノアは疲れたように座り込み
【乾】:「……」その文様はみえます?
【GM-D】:エリノアの首筋の辺りに刻印が
【晶】:「んー…… 多分ラスト、【その文様が浮かんだ直前あたりに何かあったか記憶にある?】」
【リリー】:クリスのも確認しておこう
【GM-D】:額の辺りに。啓示のときに見たものと同じく
【杏】:前回の敵キャラの二人組みも(実質一人だったけど)関係してない?
【GM-D】:そして、その刻印が徐々に薄れていく>リリー
【GM-D】:エリノア「特に・・・。仕事もしてないときで一杯飲んでいたときだったわ・・・」
【GM-D】:そして乾の背中が痛みを伴った熱を帯びてくる
【乾】:「……っ」軽く眉顰め
【リリー】:「エ、刻印ガ消エテ…!?」
【GM-D】:熱は一瞬燃えるように熱くなるが、我慢をしているうちにすぐに収まった
【GM-D】:乾の革コートの中はおそらくあの時のように血で濡れているだろう
【晶】:「色々と此処まで、かな」 文様は覚えて書き写していこう
【リリー】:「何ガドウナッテルンデショウ…?」エリノアのももう一度確認
【GM-D】:エリノアのほうも段々と消えていきます
【乾】:「……(こんなモンの為に、かよ」内心眉顰め
【GM-D】:その少しあとに協会の人間が複数やって来て・・・
【リリー】:「……質問ナンデスケド、マダサッキミタイニ思ッテマスカ?」完全に消えてから聞いてみる
【GM-D】:エリノアはゆっくり首を振る
【杏】:「ただいま」協会の人案内
【リリー】:「ナラ、後ハ貴女達ノ好キナヨウニ罪ヲ償ッテ下サイ」
【晶】:「おかえり、杏♪」 にっこり
【杏】:「え、ええと、話はきけた?」
【乾】:「ある程度、な」
【晶】:「聞けたような聞けてないような…… さぁて、難しいもんだね」
【GM-D】:協会の人間が速やかに二人を収容し、トレーラーで運んでいく
【GM-D】:鏡「お疲れ様です、皆さん」
【GM-D】:鏡「協会のほうから皆さんを送っていくように言われてるのですが・・・」
【杏】:「乗っていこうか?」
【乾】:「頼む」漸く銃を収め
【リリー】:「折角デスカラ、オ願イシマス」腕を通常用に換装、装甲も月衣の中に
【晶】:「んー…… ボクはいいや♪ 鏡ん、みんなをヨロシクぅ♪」 すちゃっと手を上げて
【GM-D】:鏡「判りました、それでは皆さん車のほうへ」
【杏】:「晶ちゃんはいいの?」
【杏】:「はあい」>車に
【晶】:「ん、ちょっとぶらぶらしてから帰るよ」
【晶】:「それじゃ、また明日。 本部でね?」 手をふりふり
【杏】:「うん、また」
【リリー】:「ハイ、マタ明日デス」ぺこり
【乾】:「……」無言で軽くてだけフル
【GM-D】: 
【GM-D】: 
【GM-D】:●エンディング  場所:アイゼンレーヴェ 翌日
【GM-D】:全員が揃ったところで藍、紗枝が詰め所に入ってくる
【藍】:「皆さん、昨日はお疲れ様でした」改めて紗枝が言う
【晶】:「んー…… おつー……」 眠そう
【リリー】:「オ疲レ様デシタ」ぺこ
【乾】:「……」サングラスのまま一瞥
【紗枝】:「協会から賞金首リベレーターの報酬が届いております、尚・・」
【紗枝】:「本日付で「アイゼンレーヴェ」はCランクに昇格致しました」
【杏】:「おつかれさま」
【杏】:「今までDだったの!?」そこに驚く
【晶】:「ランクアップ、ねぇ…… ふぁぁ……」 あくびをかみ殺し
【乾】:「判った」理朱の行方及び明仁の葬儀に関してはどうなってます?
【リリー】:「ハァ……オメデトウゴザイマス」嬉しくなさそう
【紗枝】:葬儀はこの事件が片付き次第執り行う算段になっていましたので、明日にでも通夜の予定
【紗枝】:理朱の行方は今現在警察で目下捜索中とのこと
【晶】:「ぁふ…… まぁ、理朱っちに関しては…… ボクの方からも情報屋頼って探してる…よ、うん……」
【リリー】:「リリーモ、御近所デノ目撃証言ヲ頼リニ探シテミマス」
【乾】:「……悪い」こっちもオカジマに、か
【杏】:「……杏もDHAに頼んでるんだけど……」
【藍】:「私からも協会を通じて各ハンターに目撃情報を頼ってみよう」
【杏】:「あ!」そこで思い出す
【杏】:「なんか……カーネーションが来てた……」
【晶】:「んー……? かーねーしょん……?」
【杏】:「かーねーしょん」
【乾】:「……何の嫌がらせだ?」
【晶】:「まぁまぁ、今持ってる? 調べてみよっか」
【杏】:「ん、んとー」持ってることにしてしまおう、めどいから(笑)
【リリー】:「父ノ日ニハ早イデスヨネ?」
【杏】:「杏だよねえ」>リリー
【杏】:「とりあえず、これ」取り出す
【晶】:「りりー、かーねーしょんは……ふぁあ…… ははの…日……」 目を擦りつつ受け取り
【リリー】:「…両方ジャナカッタデスカ?」
【杏】:「どっちだっけ?」
【GM-D】:普通の生花のカーネーションです>晶
【晶】:「だったっけー……? ちちのひはこー…… なんだろ。 ねくたいってかんじー…… むぅ、ただのカーネーションにしか見えないなぁ……」
【リリー】:「紫ノ薔薇ノ人ミタイナモノデショウカ?」
【乾】:「……誰が差出人なんだか、な」
【杏】:「DHAに理朱ちゃんのことを聞いたら、届いた」
【杏】:「……はず」
【杏】:「受け取ったの、苺だからさ。たはははは」
【晶】:「んならー…… こりは、杏ちゃんか、乾っちが持つべきものだぁねぇ……」 テーブルに置いて
【杏】:「ドライフラワーにしようか」
【杏】:「ほっといたら枯れるし」
【乾】:「……任せる」
【晶】:「……うぁー…… だめ、かみんするー…… さきばらいだからってもー……」 そのままソファーにぱたり
【杏】:「……晶ちゃん、どうしたの?」
【晶】:「すー……」 寝息立ててる
【紗枝】:「それでは本日の報告だけして今日は解散いたしましょう・・・」晶を見て少し困った笑みを浮かべ
【リリー】:「リリー、毛布持ッテキマスネ」とたとた
【GM-D】:そういって紗枝が手持ちの書類の束をめくって読み上げていく
【GM-D】:アイゼンレーヴェの日常は否応無しに続いていく・・・
【GM-D】: 
【GM-D】: 
【GM-D】: 
【GM-D】:●マスターシーン 場所:どこか
【GM-D】:室内、マンションらしきところ
【GM-D】:電気もつけていない暗い部屋の中にPCのモニタから映し出される光が広がる
【GM-D】:その画面を見つめている人
【GM-D】:時折、キータッチの音が響く
【GM-D】:カチリ 少しはなれたところから鍵の開く音
【GM-D】:ドアの閉まる音がして程なく室内に明かりが灯る
【GM-D】:「ただいま、食事買ってきたよ。ご飯にしようか理朱ちゃん」
【GM-D】:男性の声がそう呼びかけるとモニタの前に座っていた人が振り返る
【GM-D】:その顔は小さく笑っていた
【GM-D】: 
【GM-D】: 
【GM-D】: 〜 Night Wizard! The world is crtical〜
【GM-D】:                 〜To Be Continued〜
【GM-D】: 
【GM-D】: 





このページの最初に戻る


次の話に進む


前の話に戻る


『宵闇ナイトウィザードセッションログ(リプレイ)保管庫』に戻る


『宵闇セッションログ保管庫』に戻る


inserted by FC2 system